ブラジルの美容事情(フットケア編)

今回は美容大国ブラジルの本格フットケアを紹介したいと思います。日本ではフットケアはネイルサロンで行うのが一般的ですが、ブラジルには足のケア専門店があります。美容目的の人ももちろんいますが、足のトラブルを解消しに来る人も多くいます。今回はブラジルの11州にお店を展開している「All Pé」というお店での体験をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

ブラジルのフットケア事情

日本ではあまり見かけませんが、ブラジルにはフットケア専門のお店がたくさんあります。ネットで “Podologia” と調べると沢山専門店が出てくると思います。外反母趾、巻き爪、魚の目、タコそしてかかとのひび割れなど、男性に比べ女性はヒールのある靴などのせいで足のトラブルを抱えた人が多いです。そんな足のトラブルを解消してくれるのがフットケア専門店のPodologiaなのです。

日本では足のトラブルがあると皮膚科や整形外科に行くと思いますが、ブラジルではPodologiaでケアするのが一般的です。病院は予約が必要な上に、高額になるので気軽に行けないのが現状…。Podologiaはネイルサロンのような感覚で行け、お値打ちでプロの施術を受ける事ができます。

かかとのひび割れくらいだとネイルサロンでもケアしてくれるところはありますが、Podologiaのフットケアの方が本格的で、足が見違えるように綺麗になるのでとてもおすすめです。

Podologiaで足が生まれ変わる!

今回私が訪問したのは『All Pé』というフットケア専門店です。チェーン店でサンパウロ、リオデジャネイロをはじめ、ブラジルの11州にお店を展開しています。様々な足のトラブルを解決してくれる専門店で、店内の雰囲気はサロンというより病院に近いです。店内にはトラブル解決グッズも沢山売っていて、足の事で悩んだらここに行けば解決できます。

今回私は足のトータルケアをしてもらうために、「Podologia」というメニューを受けました。施術室は全個室で、白衣を着たフットケアのプロが丁寧に施術してくれます。ネイルサロンとの違いは施術してくれる人が専門の資格を持っていることだそう。安心して任せられました。

まずは爪と爪の周りの角質や甘皮を軽くマシーンで削ります。濡れたガーゼで足先と足裏をパックします。パックが終わると、次はマシーンではなく、病院で見かける本格的な器具を使い爪の周りのケアをしていきます。甘皮はもちろん、爪の横の固くなった角質も丁寧に取り除いてくれます。ネイルサロンでも同じようなことはやってくれますが、こちらでは本当に1本ずつ丁寧に細部までケアしてくれます。ネイルサロンの甘皮処理は痛い事が多いですが、全く痛みは感じませんでした。今日は巻き爪になり気味だったところも綺麗に治っていて感動しました。

お次は足裏ケアに移ります。再びマシーンが登場。いらない角質を丁寧に削ってもらい、足裏がつるつるに!自分ではここまで綺麗にケアできないので、やはりプロにやってもらうと違うな〜と実感。足が見違えるように綺麗になりました。約1時間かけて丁寧に施術してもらうと違います。オプションで最後にペディキュアも塗ってもらいます。

20日から30日に1回通うとよいそうです。これだけみっちり丁寧にケアしてもらえて、フットケアとペディキュアでなんと95レアル!月一で通えるお値段です。巻き爪の本格的な治療や、足のむくみ改善のメニューなど他にも様々なメニューあります。施術前に足の状態を確認して、最適な必要なメニューを提案してくれます。値段も同時に案内してもらえて安心して施術してもらえます。

今回のまとめ

足のケアはプロの手を借りると全然仕上がりが違います。ネイルサロンよりも足の専門家にケアしてもらう方が確実に綺麗になります!足のトラブルでお悩みの方は一度Podologiaを訪ねてみてはいかがでしょうか。

Google 関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする