ブラジルの美容事情(ヘアケア編)

今回は美容大国ブラジルの美容事情についてお話ししたいと思います。コスメやスーパーフードが大好きな私は美女がたくさんいるブラジルにはどんなbeauty spotがあるのか興味深々で引っ越してきました。今回はブラジルの美容院での体験と日頃のヘアケアについてお伝えします!

スポンサーリンク

美しい髪の毛は女の命

ブラジルに引っ越してきてびっくりしたことは、ブラジルの女性たちが美容院に頻繁に通うこと。ブラジルでは美容院のことをSalão de belezaと言い、このsalão de belezaは髪の毛のケアだけではなく、ネイルやブラジリアンワックス、エステなどメニューは多岐に渡ります。ブラジルの女性たちは週1回は必ずsalão de belezaに通うとブラジル人のお友達が言っていました。

特に彼女たちが最も入念にケアするのは、髪の毛!カットは頻繁にしないようですが、ストレートパーマやカラーリング、トリートメントなどを目的にサロンに定期的に通うそうで、彼女たちの美しい髪の毛に対する執着がすごい。美しい髪の毛は美人の条件といのは世界共通のようです。

ブラジル人の大半はくせ毛で直毛の人は珍しいそうで、毎日ストレートアイロンで髪の毛を伸ばしているようです。なのでストレートヘアに対する憧れがハンパではありません!私の髪は生まれつきの直毛で、ぺっちゃんこでコテで巻いてもすぐにカールがなくなってしまうのが悩みでしたが、ブラジル人に「あなたの髪の毛すっごく綺麗!どこでストレートパーマやってるの?」と聞かれることもしばしば。ブラジル人に褒められるようになりだんだん自分の髪の毛のことを好きになれるようになってきました(笑)

ブラジルで初めて髪を切る!

なかなか勇気が出ずにブラジルで髪の毛を切ってこなかったのですが、日中30度越えの日々が続き、伸び伸びの髪に我慢の限界が…。先月初めて髪の毛を切ってきました!!サンパウロには日系の美容院があるようで、私の住んでいる町の日本人の中にはサンパウロまでわざわざ髪を切りに行っている方もいるそうです。私は飛行機代が勿体無いので、自宅から徒歩20分くらいのところにあるサロンに行きました。このサロンは超お嬢様のブラジル人のお友達が普段通っているところで、「おしゃれな友達はみんなここに通ってるよ」と紹介してくれたので試しに行ってみました。

「◯センチ切ってください」は通じない

ブラジルの美容院でカットする時に気をつけたいのが、カットの注文の仕方です。日本では「5センチくらい切ってください」と言うのが一般的ですが、ブラジルでは「指◯本分切ってください」とお願いするのが普通だそうです。なので私は「Quero cortar 3 dedos do meu cabelo, por favor.」とお願いし、さらに「Reto mas um pouquinho repicado.」と注文しました。

Repicadoはレイヤーのことで、Retoは段を入れずにまっすぐ切るという意味です。私は少しだけレイヤーを入れてもらうように頼みました。さらにイメージ画像を見せ、美容師さんが前髪はどうする?と聞いてきたので「Franja inteira, por favor.」とお願いしカットがスタートしました。(前髪=franja、流す=inteira)

カットは15分くらいで終わりました。勢いよく躊躇なくバサバサ切っていかれました、さすがブラジル人(笑)使っているハサミは日本人の美容師さんたちが使っているものと同じに見えました。ブラジルではあまり見かけないというすきバサミもちゃんとありました!カットが終わったら、別の店員さんが乾かしてくれたのですが、ここで今日一番のカルチャーショックが…。最後に髪を巻いてあげると言われたのでお願いしたところ、なんとロールブラシで巻き髪を作り始めました!!!容赦なく何度も何度も根本から髪を引っ張り上げ、熱風をかけ、私は途中で髪の毛が全部抜けちゃわないか心配になりました(笑)結果的に日本クオリティではありませんが、満足いく結果になり、これでブラジルでも髪の毛が切れると分かってホッとしています。

ブラジルでのシャンプー探し

水質が日本を違うのか、使っているシャンプーが悪いのか引っ越してきた頃は髪の毛がギシギシでした。渡伯前に日本でやった7000円のトリートメントの効果は1週間でなくなりました。様々な種類のシャンプーを主人と共に試してきて、今回はおすすめの2つを紹介します。

ブラジル王室御用達ブランド GRANADO

GRANADOというブラジル御用達の有名なブランドがあります。こちらのCastanha do Brasilというシリーズのシャンプーとトリートメントは自然派コスメの割に洗浄力もあり、しっとりまとまるのでとてもおすすめです。

こちらのシャンプーはスーパーに置いてある場合もあります。写真はトラベルサイズですが、大きいサイズもあります。大きいサイズ(180ml)は2人で使って1ヶ月ほど持ち、お値段は約16レアル(約580円)です。

ブラジルの恵みがたっぷり詰まったロクシタン

最近我が家の定番にスタメンシャンプーになったのがこちら。

ブラジル版ロクシタンのCana de açúcarシリーズです!

お値段は1本45レアル(約1620円)とお高めですが、少し甘くこってりした優しい香りに毎日癒されています。空気がカラッカラなこの街でも髪の毛がしっとりまとまります。主人もこのシリーズが気に入り、「高くてもこれがいい!」と言います。

私はさらにこのシリーズの洗い流さないトリートメントも愛用しています。本家のロクシタンのシャンプーを日本で使っていましたが、私はブラジルの自然の恵みがたっぷり詰まったこちらのシリーズの方が好きです。一時期髪がギシギシになりすぎて、日本からシャンプーを送ってもらおうかと考えましたが、このシャンプーとトリートメントに出会えて問題は解決しました。

今回のまとめ

ブラジルの女性の髪へのこだわりと髪にかける時間とお金は半端ではありません。水質が違うので日本では髪に合っていたシャンプーでもキシキシになるので、ブラジルで自分に合うものを探すことをおすすめします。髪の毛を切る時は“指何本分”と頼みましょう!

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする