【1歳〜1歳半】CAが実践! 月齢別赤ちゃんとのフライトを乗り切るコツ(持ち物・機内での遊び・食事など)

スポンサーリンク
フライト
スポンサーリンク

私の子供は2歳になるまでに地球を約4周しています。初フライトは生後2ヶ月の時、以降たくさん飛行機に乗って旅行や一時帰国をしています。今回は最も過酷と言われている「1歳〜1歳半の赤ちゃんとのフライト」をテーマに、元国際線客室乗務員が実践しているフライトを乗り切るオススメのアイテム、機内での過ごし方のコツなどをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

出来れば避けたい1歳前半の魔のフライト

私は現在主人の仕事の都合でブラジル住んでおり、ブラジルで出産しています。そのため我が家のおチビさんは生後間もない頃から多くのフライトをこなしてきました。特に日本への一時帰国の際は過酷で約12時間の国際線フライト2本に加え、ブラジルの国内線1本という乗り継ぎを含めると片道30時間以上のフライトを乗り越えなければいけません。数回一人で子供を連れて日本に帰ったこともあります。

もちろん元国際線客室乗務員の私は飛行機に乗ることには慣れていますが、赤ちゃん連れとなると話は別。しかし働いていた頃の知恵を活かして毎回なんとかロングフライトを乗り切っています。

子持ちのブラジル駐在妻たちは「1歳前半の一時帰国が一番キツい」と口を揃えて言います。私も我が子がその月齢時に一時帰国しましたが、思い出したくないくらい本当に過酷でした。1歳頃は歩き始めの時期。自分の行きたい方向に行けるようになって動きたい欲マックスの時代です。しかもあんよは不安定で一瞬足りとも側から離れられない…。当然飛行機の中でも「歩きたい欲」に駆られ、席でじっとしていることはないです。しかも我が子の場合、まだ動画にも興味がさほど無く、長く集中して見ていられないので最終手段のiPadは使えませんでした。お昼寝もそこまで長くしない上に、お菓子もずっとは食べていてくれないので、昼間のフライトはとにかく時間を潰すのがとても大変でした。

また問題になるのが赤ちゃんの「食事」。離乳食後期〜完了期は多くの子が「自分で食べたい!」となる時期ではないでしょうか。我が子はまさにそうで、機内に持ち込んだベビーフード(以下BF)を自分で食べたぁーーーーい!!!と騒ぐ始末。普段のお出かけと違って手掴みできるメニューのお弁当も持っていけないので、BFを機内に持ち込みましたが、服を盛大に汚して終わりました(笑)

まだおしゃべりも上手にできないので、何をしたいか全く分からず何度お手上げ状態になったか…。

大変な思い出がありすぎで前置きが長くなりましたが、これから詳しく我が子がどのようにロングフライトを乗り切ったかを、反省も踏まえてお話ししていきたいと思います!

搭乗前にやるべき事は?

赤ちゃん連れとのフライトは事前準備がとっても重要。私は1、2週間前からイメトレをして(笑)事前準備を始めます。フライト前に考えるべき事は、

  • 赤ちゃんが快適に過ごせるフライトの選択
  • ベストな座席の確保
  • 寝かしつけの戦略を練る
  • 機内持ち込みグッズの選別

です。これから一つずつ説明していきたいと思います。

【フライトの選択】どの時間帯のフライトが楽に過ごせるか?

国内線の場合はお昼寝の時間に合わせてフライトを取る方が多いと思います。でも我が子の場合はネントレをしていたので暗いところで一人ねんねが定着していて、1歳を過ぎたら機内で授乳しても抱っこでゆらゆらしても寝なくなりました。なので短いフライトの場合は寝ぐずりしない時間帯のフライトを選んでました。寝かせようとして寝なかった時の方が大変なので、その子にあったフライトを取って上げることが大事です。

またビジネスマンが多い、伊丹・千歳・小松・福岡路線は平日の朝と夕方は赤ちゃん連れにはオススメしません。朝は仕事モードでピリピリした雰囲気、夕方はお仕事疲れで赤ちゃんが泣いたら舌打ちするような人も少ないのが現状です。

 

国際線の場合。「昼間の便か深夜便どっちが楽に過ごせますか?」とよく聞かれます。

1歳前までは圧倒的に深夜便の方が楽でしたが、この時期は赤ちゃんが寝ても大変なので深夜便も大変な戦いになります。どちらが楽と断言できない時期です。

深夜便で寝てくれると楽なんですが、親がほぼ寝られない…。徹夜で目的地に到着する覚悟が必要です。昼間のフライトは起きている時間も長いので大変なのですが、フライト中だけ頑張って耐えて、到着して疲れている子供と一緒に爆睡すると翌日へのダメージは少ないです。フライト後の子供ってよく寝るので、母もたっぷり休めます。

 

 

赤ちゃんにとってベストな席

チケットを取ったら好みの座席を確保しましょう!!

私が1歳前半の赤ちゃんにオススメするのは前列がない足元の広い座席です!私はいつもレジャーシートを引いてあげて床で遊ばせています。赤ちゃんも自由に動けて楽しそうですし、少しの間抱っこからも解放されて大人も休むことができます。この席は子連れではない人にも人気の席なので、チケットを取ったらすぐに確保しましょう!

また飛行機の前方より後方の方が子連れが多い傾向にあります。これはあくまでも私の経験からお話ししているのですが、後方の方が子供がたくさんいて、自分の子供が騒いでも多少は気が楽です。飛行機の前方は多頻度旅客と呼ばれるマイレージの上位ステータスを持った人が多く座る傾向にあるので、特に平日の国内線はビジネスマンだらけでピリピリした雰囲気になることもあるので、赤ちゃん連れにはオススメできません。

【寝かしつけ】10キロ超えはNG!! バシネットが使えなくなってくる時期

赤ちゃんとの飛行機といえば、「バシネットを予約しましょう!」とよく言われますが、「バシネットの利用できるのは10キロまでの乳児」という規定の航空会社が多いです。1歳を過ぎると10キロを超える赤ちゃんも多いので、バシネットで寝かせることができない子がでできます。体重は基本的に自己申告制です。体重を詐欺ってバシネットで寝ていた子がバシネットごと床に墜落した事件もあるので、10キロを超えたらバシネットは諦めましょう!!

我が子は細身だったので、1歳7ヶ月までバシネットが使えましたが、1歳半の時にはもうパンパンで寝心地が悪かったようです。

 

1歳前半はまだ膝の上の子供の扱いになり、座席を一つ確保することができません。なのでバシネットが使えないと、赤ちゃんが寝ている時も大変です。抱っこ紐で寝かしつけても、1、2時間で肩が限界に、横抱きで肘掛に枕を置いて寝かせていてもしばらくすると腕が痺れてきます。

エコノミークラスだと席の間の肘掛が上がるので、パパとママが隣に座れば肘掛を上げて膝の上で横に寝かせることができます。この状態で赤ちゃんと一緒に自分も寝ている時は急に赤ちゃんが寝返りして、落ちないように支えなければいけなかったりと自分はぐっすり寝られませんが、エコノミーであればこの寝方が一番楽だと思います。隔壁の裏の座席(バシネット付けられる席など)は座席によって肘掛が上がらない仕様になっているので、席を予約する時にご確認ください。

ビジネスクラスの場合は座席を占領される覚悟で挑みましょう。最近はフルフラットになる機体が多いので、私はいつもフラットにして我が子を寝かせています。1歳過ぎるとビジネスクラスでも添い寝はキツいです。私は足元に追いやられて座ったまま寝ます。深夜便の時はフラットのシートで寝ると我が子は7時間続けて寝てくれます。

フルフラットにならないビジネスクラスに当たったらまた大変。ほとんどの席が肘掛が上がらないので抱っこしたまま過ごすことになります…。我が子はこの状態だと細切れ睡眠になり、不機嫌で大変でした。

2歳になると座席を一席確保でき、だいぶ楽になるのですが、この時期はひたすら耐えるしかないです。

機内持ち込みしたベビーグッズ

赤ちゃん連れフライトは機内に持っていくものもかなり重要。最低限のものをバックに詰めても大荷物…私が厳選した必須アイテムをご紹介します。

  • 抱っこ紐
  • 授乳ケープ
  • 哺乳瓶・キューブミルク
  • おしゃぶり
  • 着替え
  • 保湿剤(機内は乾燥しているので長距離の場合は必須)
  • おもちゃ
  • おくるみ(機内は寒い)
  • オムツ
  • 使い捨てオムツ交換シート
  • ねんねのお供
  • BF
  • おやつ
  • マグ

着替えは多めに!私は30時間フライトでは着替えを10セット持って行きました。機内は寒いので調節できるように重ね着がオススメ。私は機内では足つきのロンパースをよく着せていました。

オムツは圧縮袋に入れるのがオススメ!今でも旅行の時はこれを使っています。100均のと違って何回使っても壊れません。パンツタイプはかさばるので重宝します。

あとマストアイテムが、使い捨てのオムツ交換シート!普段はファミリアの布製のものを使っていますが、すぐに洗濯できない旅の途中に汚れたら一発アウト。コンパクトで汚れたら捨てられるこちらを愛用していました。もうこの時期はタッチの状態でオムツを換える方が多いと思いますが、公共の場のおむつ交換台は汚いので私はこちらを必ず機内に持って行ってます。

搭乗前に思いっきり動いてもらう!

とにかく動きたい1歳前半の赤ちゃん。動きが制限される飛行機に乗る前に思いっきり遊ばせてあげましょう。写真のようなキッズスペースがなくても通路をひたすた歩いたり、飛行機を一緒に見に行ったりすると良いと思います。

また赤ちゃん連れだと優先搭乗で一番に機内に乗り込めますが、我が家はあえて一番最後に乗り込みます。一番早く乗っても狭い座席で動けない時間が増えるだけなので、ギリギリまで自由に遊ばせています。大きい飛行機だと全員が搭乗するのに20分以上かかります。

【機内】機内に持ち込むおもちゃは最低限でOK

これまでフライトの前の準備についてお話してきましたが、これから機内での過ごし方についてお伝えしていこうと思います。

まずは先ほど機内持ち込みリストに入れたおもちゃについて。赤ちゃんがご機嫌に過ごしてくれるように、まるでお守りのように大量のおもちゃを機内に持って行こうとする方がいます。でもおもちゃは本当に少しで大丈夫。というかこの時期のおもちゃが何種類もあっても子供は退屈するんです。大人が全力で相手をしてあげなきゃいけません

働いていた頃、多くの赤ちゃん連れを見てきましたがいつも使ってるお気に入りのおもちゃもすぐに飽きてしまう子が大半。不慣れな環境でいろんなものに興味がいき、いつものおもちゃは眼中から消えてしまいます。まだ長い間動画も見てられる月齢ではないので、私は機内にある雑誌を読んであげたり、機内の絵本をお借りしたり、機内を散歩したり、いないいないばをして遊んだり、外の景色を見たりして過ごしました。

 

ANAの機内に置いてある絵本。全力で寝かせようとしているラインナップ(笑)

 

ロングフライトだと座席にいられなくなった赤ちゃんたちがCAの作業場、ギャレーと呼ばれるところに自然と集まります。そこで赤ちゃん同士を少し交流させたりして遊ばせました。大人もいい気分転換になります。食事や飲み物のカートが出ている時は危ないので、赤ちゃんを通路やトイレの前で遊ばせるのはやめた方が良いですが、それ以外の時間(シートベルト着用サイン消灯時)なら遊ばせて大丈夫です。

おチビさんは機内で紙コップともらって遊ぶのが好きで、2歳近くの今も機内の紙コップには大変お世話になっています!大人が機内にあるもので遊びを提案してあげると赤ちゃんも楽しめるので、試してみて下さい!

あとこの時期に大活躍したのが「風船」。1歳半のフライトは機内で風船をポンポンして遊んでました。かさばらないし、捨てていけるので超便利!気圧の関係で地上で膨らませると離陸後に爆発するので、上空に行ってから膨らましてください。

我が子はお絵かきが好きなので、紙とクレヨンを持参したのですが、クレヨンでいろんなところに落書きしたがるという惨事に。飛行機の中でお絵かきはまだ早かったみたいです。シールブックもまだ興味なしで無駄な荷物になりました…。

【機内】戦争になるお食事タイム

まず大人の食事。我が家はいつも交代で食事を取っています。CAさんお願いすると希望の食事を取って置いてくれて、希望のタイミングでもう一人分の食事を持ってきてくれます。自分一人で赤ちゃんと飛行機に乗る場合は「赤ちゃんが寝ている時に食べたい」と伝えています。

そして赤ちゃんの食事

先程はお伝えした通り、1歳前半の赤ちゃんは自分で食べたい子が増えてきます。そのため機内での食事は戦争になります。航空会社によってはベビーミールを用意してくれるところもありますが、私の経験から手掴みメニューが出てきたことは一度もないです(当たり前ですが)

ANAの日本初ベビーミール

ANAのアメリカ発のベビーミール

このようにベビーミールは大人がスプーンであげるメニューが多いです。かろうじてバナナは手掴みできるでしょうか。自分で食べたい欲が強い子にとっては結構厳しいメニューです。

我が家のおチビさんは1歳過ぎからスプーンを使って自分で食べたい!!という子だったので、BFに加えて自宅から出発する際はおにぎりパンを作って機内で食べていました。

問題は帰り便の時は市販のパンを買って持ち込んでいました。例えばニューヨークに行った時はベーグルを持ち込みました。

BFは和光堂のランチボックスタイプのものが機内では便利で重宝しました。パウチタイプはコンパクトになりますが、あげるのが大変でした。カップに入った鯛めしやおこわ弁当はあまりトロトロしていないので、服や座席周りが汚れずにすみました。オススメです。

created by Rinker
和光堂
¥839(2020/03/13 12:25:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
和光堂
¥736(2020/03/13 12:25:45時点 Amazon調べ-詳細)

機内食のベビーミールは離乳食初期〜中期くらいのものが多いので、中にはベビーミールを食べない子もいると思います。念の為BFは持ち込んでおくと安心です。

あと機内で我が子が夢中で食べていたのが、エジソンの「歯固め堅パン」。普通のおやつはあっという間に食べ終わって時間稼ぎにならないですが、こちらはしてあげて堅くてなかなか手強い存在なようで30分くらいかけて1本を食べきってました。無心でちゅぱちゅぱしている姿がなんとも愛らしかったです。いろんな味があります!!

created by Rinker
エジソンママ
¥870(2020/03/13 20:26:31時点 Amazon調べ-詳細)

到着地の法律によって持ち込みが禁止されている食品があるので、事前にご確認ください!アメリカの肉製品持ち込み禁止の件については以前の記事に書いてあるので、よかったら参考にしてください。【離乳食 in ハワイ】 事前準備・持ち込んだBF・現地調達したオーガニックBFまとめ

耳抜きはとても楽になる!!

はじめに全ての月齢の赤ちゃんにとってとても大切な事は「耳抜き」。CAとして働いている時に機内で多くの赤ちゃんが耳抜きが上手に出来ず泣いている姿を目にしました。パパもママも「おっぱいやミルクを飲ませれば耳抜きができる」ということはご存知です。でも赤ちゃんが泣いてしまう…それはおそらく耳抜きのタイミングが間違っているのだと私は思います。

1歳を過ぎるとおっぱいやミルク以外の水分も摂取できるようになってきます。よって耳抜きもだいぶ楽にできるようになります。

耳が詰まってしまう原因は気圧の変化。なので離陸と着陸の際に耳抜きをしてあげて下さい。離陸時はとても簡単!飛行機が離陸した直後から授乳または水分補給をして下さい。大体15分くらいで気圧の変化はなくなるので、15分間を目安にしてください。

問題なのは着陸時です。

多くのパパママが離陸の際の耳抜きが上手にいき、ホッとします。しかし赤ちゃんが耳が痛いと訴えるのは離陸時より着陸時の方が圧倒的に多いです。なので着陸の際もしっかり耳抜きをしてあげて下さい!

飛行機は着陸の約20分前から高度を下げ始めます。そうすると気圧の変化が起こります。私は働いていた経験で飛行機が高度を下げ始めるとわかりますが、飛行機に頻繁に乗らない方は降下し始めても気付かないという人も。(うちの主人がそう)

着陸時の授乳のタイミングを掴むにはいくつかのポイントがあります。まず機内アナウンスをよく聞く事!大体どのフライトも「何分後に飛行機は降下を始めます」というアナウンスがされます。それを聞き逃さないように!そのアナウンスがない場合はCAに直接降下の時間を聞いてしまっていいと思います。CAはフライト前の機長とのミーティングで降下開始の時間をメモしているはずです。

降下開始したら着陸まで約20分です。着陸するまで耳抜きを続けて下さい!自分の耳が詰まった時にはもう時すでに遅し!降下を開始したらすぐに耳抜きを始める事がポイントです。

ちなみに寝ている赤ちゃんは起こさなくで大丈夫!!!起こして耳抜きする必要はありません。寝ててもらいましょう。

1歳を過ぎるとおっぱいの量も減って、離陸15分、着陸20分持たないことが多く、耳抜きに苦労しましたが、我が子がマグからお水を飲めるようになってからは耳抜きが本当に楽になり助かりました。ストロー飲みの習得が遅かったので、もっと頑張って早くから練習しておけばよかったと後悔です。

今回のまとめ

1歳前半の赤ちゃんとのフライトはとても大変ですが、乗っていればいつかは着きます。「明けないフライトはない!!」という気持ちで毎回乗り切っています。この時期のフライトは事前準備勝負、体力勝負です。無事に赤ちゃんとのフライトが終わりますように祈っています!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました