ANAの世界1周特典航空券をマイルでゲット!ブラジルー日本フライト情報

先日日本に一時帰国した際、有効期限が切れそうなANAのマイルを使い航空券を取りました。今回はANAの国際線特典航空券の発券について、そして日本のスーパーフライヤーズデスクの方と1時間半の格闘の末獲得した世界1周特典航空券についてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

マイレージを一番有効的に使うなら特典航空券に換えよう

私が元CAというと多くの方が「マイレージって何に換えるのが一番お得?」と尋ねられますが、私は即答で「国際線特典航空券!!」と答えます。しかしほとんどの方が「全然特典航空券が取れない。」といいます。確かにANAの国際線の特典航空券は競争率が非常に高いんです。特典航空券が取りにくい3つの理由は以下の通りです。

①特典航空券用の座席数が決まっている

ネットで検索して“空席はあるのに特典航空券は満席”という経験はありませんか?実は特典航空券用の座席は数に限りがあるので、そのフライトはまだ満席ではないのに特典航空券が取れないという事態が起こってしまうのです。ちなみにANAの場合、特典航空券の向けに開放される座席はとても少ないです。例えば現在ANAの所有している一番大きな飛行機、B777-300機のファーストクラスは8席中2席しか特典航空券用に開放されません。同機材のビジネスクラスで開放される座席数は約52席中約10席、エコノミークラスは200席中約20席と言われています。大型機でこの少なさなので、B-787のような中型機はもっと争いが激しくなります。そして実はアップグレード用に開放される座席と特典航空券の座席は同じ枠(当日アップグレードを除く)と言われています。なので特にビジネスクラスは座席数が少ない上に、エコノミークラスからマイレージを使ってアップグレードする人もいるのでなおさら特典航空券を取るのが難しくなります。

②人気路線は即日満席!!ステータスを持っていないと人気路線では勝てない

ANAの場合は355日前から予約できますが、ホノルル線や香港線など人気の路線は予約開始日に特典航空券用の座席は全て埋まってしまうと言われています。ちなみに今一番特典航空券が取れないのはホノルル線のビジネスクラスだと言われています。また短距離、中距離路線は比較的少ないマイルで特典航空券が取れるので、競争率は上がります。私の経験からロンドン・ニューヨークを除く長距離路線の特典航空券は比較的取りやすいと思います。

余談ですが、一時帰国中に香港に特典航空券を使って行こうと思い、ダメ元でコールセンターに電話しました。もちろん空席待ちで、なんと往復共にエコノミークラスは空席待ち50番目と言われてしまいました。ANAでは特典航空券を取る際にステータス保有者は優先してもらえる特権があります。ダイヤモンド→プラチナ→スーパーフライヤーズ→ブロンズの順で優先されます。現在私はスーパーフライヤーズ会員なので、空席待ちの中にダイヤモンドとプラチナ会員がどのくらいいるか気になり、「空席待ちにダイヤモンド、プラチナの方たくさんいらっしゃいますよね?」と尋ねると、「結構いらっしゃいますね…でもスーパーフライヤーズのステータスをお持ちなので一般の方よりも優先的にご案内ができると思います。」との回答でした。コールセンターの方とのやり取りで明言はされませんでしたが、後の会話から雰囲気で20番目くらいだと思いました。(そんなにダイヤモンドとプラチナがいるんだ涙)スーパーフライヤーズレベルのステータスじゃ人気路線の特典航空券は取れないということを改めて感じました。

③片道では予約不可。必ず往復で予約しなければいけない

特典航空券を使いづらくさせているのが “往復で発券しなければいけない” という条件ではないでしょうか。行きは空いているのに帰りが空いてない!なんていうことばかりです。特典航空券で航空券を取る場合は往復ともに特典航空券でないと発券できません。片道運賃を払って、片道は特典航空券で乗るということができません。

世界1周特典航空券を発券

今回の一時帰国はできればマイレージを使って航空券を取りたいと思い、帰国の約4ヶ月前に2日間パソコンに張り付いて、スーパーフライヤーズデスクのスタッフと合計1時間半国際電話をした末、やっと特典航空券を手に入れました!!!結果10万マイルで世界1周航空券が取れ無事に一時帰国できましたが、正直予約時の難易度は高めだと思いました。

3大陸をまたぐと往復の特典航空券は取れない

これは私が知らなかったルールで、私が半年前に予約した時点で確認した限り公式HPにも記載がありませんでした。そもそも世界1周特典航空券の存在すら公式HPには出ていません。

私はANAの公式HPでサンパウロー東京間の特典航空券を検索し、奇跡的に予約できる便があったものの予約確定画面に進むとエラーが発生。何度もトライしましたが、予約を完了することができませんでした。仕方がないので日本のスーパーフライヤーズデスクに電話しました。オペレーターの方に事情を説明すると、「特典航空券の場合、3大陸をまたぐと発券できません」との回答が!サンパウロー東京間はアメリカまたはヨーロッパで乗り継ぐので、南米大陸と北米orヨーロッパとアジアと3大陸をまたぐ移動になってしまうのです。

特典航空券で帰れないんだ…と諦めかけたその時、オペレーターから「世界1周特典航空券であればブラジルと東京の往復が可能です。」とナイスな提案が!!!ここからオペレーターと世界1周特典航空券入手までの1時間半の格闘が始まったのです…。

世界1周航空券とは、名前の通り世界を1周できる航空券で、まず地球を西回りか東回りかを決めます。こちらの記事に書いていますが、私は復路においてアメリカで肉製品の持ち込みで引っかかりたくないので、日本発ブラジル着のフライトはヨーロッパ経由にしました。なので行きはアメリカ経由で日本に向かうことにしました。

オペレーターに経由地を逆提案

行きアメリカ経由、帰りはヨーロッパ経由と条件をオペレーターに伝えると10分以上保留にした後「あいにくご希望のフライトは満席です。」と言われてしまいます。オペレーターに詳しく話を聞いてみると、どうも行きはシカゴ経由しか調べていない模様…私から乗り継ぎ地を指定して調べてもらいました。しかしどこも満席。最終的にオペレーターから「他に乗り継ぎ可能な経由地はご存知ですか?」と質問されました…。

オペレーターが何度も保留にして調べるので、私は保留中に公式HPでアメリカ経由とヨーロッパ経由の空席を調べて、空席のある便を見つけました。オペレーターに「行きはユナイテッドとANA利用のワシントン経由、帰りはANAとTAPポルトガル利用のフランクフルト経由が空いていました。」と伝えると15分程保留したの後「お客様のおっしゃる通りそちらの組み合わせのフライトに空席があります。」と!毎度毎度ANAの予約検索システムはどうなっているんだと思ってしまいます。私は比較的フライトに詳しい方なので、スターアライアンスを使うとどこ経由で何航空が運航しているのかを理解していますが、一般の方は「空席がありません」とオペレーターに言われたら諦めてしまいすよね。

余談ですが、一般の航空券を予約する場合でも、ANAの公式サイトの検索では、全てのフライトが出てきません。例えばブラジルー日本間のフライトを検索すると常にアメリカ経由しかでてきません。電話で問い合わせ、ヨーロッパ経由を調べてもらうとだいたい空席のあるフライトが出てきます。電話予約の場合、予約手数料が取られますが、ネット検索に出てこないフライトの場合は予約手数料は取られません。ANA利用の場合、理想のフライトがネット検索で出てこない時は一度予約センターに問い合わせてみると良いと思います。

無事に発券完了

席の確保を無事に済ませると、24時間以内に発券の手続きの電話がかかってきます。ブラジルの携帯電話の番号でも大丈夫でした。国際電話をかけてきてくれます。しかもちゃんと時差を考えて電話をくれるところはさすがANAだなと感心しました。税金や燃油サーチャージ代を電話を通じてカードで支払いし(約3万円)、ようやく世界一周特典航空券が発券されました。結果ノーマルシーズンで10万マイルでチケットを取ることができました。

今回のまとめ

なかなか取れないと言われる特典航空券ですが、今回の経験を通じて取るには知識と根気が必要だと感じました。特典航空券は、同じ区間であれば搭乗日の変更が利くので空いていたら取ってしまうのもアリかもしれません。

溜まっているマイルを有効的に使うには特典航空券が一番です!!