【ザ・リッツ・カールトン東京】子連れへのサービスが充実しずぎ!宿泊記2019

日本国内旅行
PR

先日我が家のおチビさんを連れて「ザ・リッツ・カールトン東京」に宿泊してきました。まだ1歳になっていなかったので、キッズプログラムは受けることが出来ませんでしたが、キッズフレンドリーなおもてなしに感動しました。

PR

トーキョー・デラックス・ルーム

今回は「トーキョー・デラックス・ルーム」に宿泊。こちらのタイプはスタンダードなタイプのお部屋ですが、52平米と都内のホテルの中ではかなり広く、ベビーベットを置いても全く窮屈さを感じませんでした。仮にベビーベット1台とエキストラベットを入れても大丈夫な広さだと思うので、お子さんが2人いる家庭でも快適に過ごせると私は思います。

トーキョー・デラックス・ルーム

赤ちゃんとの楽しいお風呂タイム

赤ちゃん連れだと気になるのがお風呂の入り方。こちらのホテルは全室にバスタブが付いており、希望すればベビーバスを貸し出してくれます。シャワールームとバスタブは分かれています。我が家はシャワールーム内にベビーバスに持ち込み、体を洗い、バスタブで温まる流れでお風呂に入れました。バスルームもとても広々としているので、とても快適にお風呂には入ることが出来ました。

ベビーバスは数に限りがあるので、予約時に申し込みすることをおすすめします。

 

ダブルシンクで支度時のシンク待ちが回避できます。

ちなみに赤ちゃん用アメニティは「WELEDA」でした!オイルと全身ソープの用意がありました!

バスルームにはオムツ専用のゴミ箱もありました。

ベビーベットは要予約!

ベビーバスと同様に、ベビーベットも数に限りがあるので予約時にリクエストを入れることをおすすめします。また大人用のベットに設置するベット・フェンスの用意もあるそうです。ベビーベットは木製のもので、片側の柵が半分下ろせるタイプのものでした。高級リネンの枕、掛け布団の用意もあり、我が家のおチビさんもさぞ快適に眠るであろうと思っていました。しかしベットの柵にベットガードがなかったので、寝返りを打って柵に激突して夜中何回か起きました。自宅のベットにはガードをつけているので、慣れないベットでかわいそうな思いをさせてしまいました。ちなみにペニンシュラ東京のベビーベットも木製のものでしたが、しっかりベットガードが付いていました。

サイズはミニベビーベットと呼ばれているものではないかと思います。

1歳以上の子供には更なるおもてなし

我が家のおチビさんは宿泊時に1歳になっていなかったので、サービスの対象外でしたが、1歳以上になると以下のサービスを受けることが出来ます。

  • すべての満2歳までのお子様のランドリー無料
  • 満2歳までのお子様には無料でベビーフードのご用意

赤ちゃんは1日に何枚もの服を汚すので、ランドリー無料はかなり有難い…荷物の削減になるので、赤ちゃん連れの大変な移動が楽になります。ベビーフードってどんなものが出てくるのか分かりませんが、こちらのとてもありがたいサービス。前京都のフォーシーズンズに宿泊した際は、旬のマンゴーをピューレにした離乳食をサービスしていただき、その美味しさに感動した覚えがあります。なのでリッツにもちょっと期待してしまいます。笑

スイートルームに宿泊時すると、有料ですがさらにゴージャスなキッズプログラムに参加できるそうです。公式HP キッズプログラム詳細

絶景を眺めながら絶品の朝食を

朝食は45階の「タワーズ」というダイニングで頂きました。卵料理、エッグ・ベネディクトやパンケーキなどのメインはオーダー式で出来たてを頂けます。その他のものはビュッフェ形式で、和・洋・中の豊富なメニューから好きなものを好きなだけ。

朝の六本木はなんだか雰囲気が悪いですが、こちら45階は景色も良く、とっても優雅な雰囲気でした。地上とは異空間ですので、宿泊の際は是非朝食付きがおすすめです。最高の一日のスタートを切ることが出来ました!

個人的にオーダーしたパンケーキが非常に良い美味で、人生で食べた美味しいパンケーキTOP5入りをしました!是非お試しください。

今回のまとめ

キッズフレンドリーなおもてなしはさすがリッツ・カールトンでした。国外・国内の様々なリッツ・カールトンに宿泊していますが、お客さんのことを考えた一歩踏み込んだサービスをしないのがリッツの個人的な印象。もちろん快適な滞在なんですが、他のラグジュアリー外資系ホテルと比べると高飛車な接客をしてきます。なので私は東京だと「ペニンシュラ東京」や「マンダリン・オリエンタル東京」の方が好きです。1点残念ポイントが、プールは子供NGなところ。それ以外は満足した滞在でした。

ちなみに今回もとてもお得な一休.comで予約しました!期間限定プランや即時ポイント利用でとてもお得に宿泊できました。おすすめです。

コメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

タイトルとURLをコピーしました