格安で国際電話をかける!!LINE OUTの使い方

日本人で使っていない人はほどんどいないと言っても過言ではないLine。ブラジルではLineよりもWhats Appの方がメジャーですが、おそらく日本に住んでいる人とやりとりをするために、ブラジル在住の日本人の携帯には必ずLineアプリが入っていると思います。Lineアプリから日本の固定電話に電話をかける、とても便利な方法をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

手間なし!Lineアプリですぐに使えるLine Out

ブラジルで生活している限り日本の固定電話に電話をかけることはほとんどありませんが、私は一時帰国前になるとレストランや病院の予約・店舗への問い合わせ・航空券の予約などで日本に電話をかけることが多くなります。私のブラジルの自宅に固定電話がないので、国際電話をかける場合はブラジルで契約している携帯電話からかけることになるのですが、1分約250円かかるのでかなり高額な請求がきます。そこで私が最近利用しているのがLine Outです!Lineのスタンプを買うのと同様に、自分の今使っているLineのアプリでクレジットを買うだけで、簡単に、しかも高音質で日本の固定電話をかけることができます。

Line Outの使い方

  • コールクレジットを購入する

まずLineアプリの設定画面を開きます。

少し下にスクロールすると、Line Outの項目が出てきます。

そのLine Out設定を開くと、コールクレジット購入という項目が出てきます。(私はコールクレジットが112残っているので、112と表示されれいます)

クレジットを購入します。Lineアプリから購入できるクレジットは¥240のプランのみです。

Lineスタンプを購入するような感じで、クレジットも簡単に購入することができます!!

ちなみにアプリからは¥240のクレジットプランしか購入できませんが、Line Storeへアクセスすれば「30日プラン」「100コールクレジットプラン」など使用頻度に合わせたクレジットプランを選ぶことができます。アプリから買ったクレジットコインは使用期限が無期限なので、私はいつもアプリから¥240のクレジットプランを購入しています。

  • 日本の固定電話に電話する

Line Outの画面に電話番号を入力します。+81の後は頭の0をひとつ消してた電話番号を入力します。例えば03-1111-1111の場合3-1111-1111になります。あとは発信ボタンを押すだけです。とっても簡単です。(0120のフリーダイアルにはかけることができません。)

日本へのLine Outの通話料

日本の固定電話へは1分3円で国際電話をかけることができます。1クレジット1円なので、毎分3クレジット減っていきます。240クレジットあれば80分固定電話と通話できます。とってもお得ですよね!ちなみに携帯電話へは1分14円、つまり毎分14クレジット必要になります。

Line Outでは日本だけではなくアメリカ、イギリスやイタリア、南米はアルゼンチンやチリにもかけることができます。発信画面で通話先の国を選択するだけで簡単にかけられます。通話料金は国によって異なりますが、例えばアメリカには1分1円の格安料金で国際電話をかけることができます。私は先日アメリカ旅行で行くレストランをLine Outで予約しました。旅行の計画もLine Outを使えば立てやすくなります!

日本に無料で電話ができる

クレジットを買わずに日本に電話をかける方法が2つあります!どちらも手順は難しくないので、ぜひ参考にしていただければと思います。

Line Outの加盟店が急増中

最近一時帰国に向けてLine Outを使って日本のレストランやエステ、病院など予約しまくっているのですが、なかなかコールクレジットが減りません。なぜならLine@加盟店という無料で通話できるお店が増えているからです。発信画面にお店の電話番号を入力すると、「無料通話/LINE@加盟店」と自動的に出てきます。私の行きつけの表参道の美容院も最近無料でかけられるようになりました。他には伊勢丹や三越のような大手百貨店や有名ホテルも加盟店になっています。なのでクレジットを買う前に発信画面に電話番号を入力してみるのも手だと思います。

私はいつも航空券を予約する際、Line Outを使ってANAのスーパーフライヤーズデスクにかけています。Line Outの存在を知る前は通話料金がもったいないのでブラジルからANAに問い合わせをする際はメールで問い合わせをしていました。ブラジルからの問い合わせは自動的に米州のANA支店のスタッフが対応してくださいます。米州ANAからの返事は遅いことが多い上に、米州ANAのお問い合わせセンターと航空券予約センターの連携がないため、旅客情報が引き継ぎされません。日本のANAに電話するととてもスムーズに問題が解決するので、私はいつもLine Outを利用して日本のデスクにかけています。

クレジットを買わずに電話をかける

最近Line OutにLine Out freeというサービスができました。約15秒の広告を見れば、3分間無料通話ができるサービスです。レストランの予約など3分以内で終わりそうな時に使用しています。ただしクレジットの残高があっても3分を過ぎると電話が強制的に切れてしまうので注意が必要です。またLine Out freeは1日5回までという制限もあります。

Line Outがブラジルで使えない

残念ながらブラジルのLineにはLine Outの機能がありません。2017年3月時点でLine Outが導入されている中南米の国はアルゼンチン、メキシコ、チリ、コロンビア、ペルーのみです。なのでブラジルでLine Outを使用したい場合、事前に日本で(日本の電話番号で)Lineアプリの認証を行う必要があります。私の場合、ブラジルに引っ越す前に日本の電話番号でLineアプリの認証を行っていたので、ブラジルでもLine Outが使用できています。主人は電話番号を認証していなかったので、こちらでLine Outを使えていません。なので認証していない場合は一時帰国の際等に認証を行えばブラジルでもLine Outが使えるようになります。

おそらく大半の方は電話番号の認証を行っていると思うのですが、稀に主人のように認証していないという方もいるそうです。本当にブラジルという国は何をやるにも手間と時間がかかりますね…。

今回のまとめ

国際電話はLine Outが断然お得です!高音質でwifiがあれば利用できますし、そして今後ますます無料で通話できる店舗も増えてくると思うので、使わない手はないと思います。ただし日本の電話番号の登録が必須なので、使いたい方は日本で認証を行ってください。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする