【ル・パン・コティディアン】何回も通ってしまうブエノスのパン屋さん

スポンサーリンク
中南米旅行
スポンサーリンク

今回はブエノス・アイレスに行くと必ず訪れるパン屋さん、Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)をご紹介したいと思います。ブエノスには何店舗かあるベルギー発祥のベーカリーレストランで、地元の人にも人気です。パンはもちろんコーヒーも美味しいので滞在中何度か足を運んでしまいます。

スポンサーリンク

いつ訪問しても安定して美味しいパンが食べられる!

調べてみるとLe Pain Quotidienは世界に240店舗もあるようです。東京に上陸した時はインスタ映えすると話題になりました。ブラジルのサンパウロにもあるので、そんなに希少価値のあるお店ではありませんが、私はブエノスを訪問する度に足を運びます。“南米あるある”なのですが、高級なレストランでも味にブレがあり、前回は美味しかったのに今回はイマイチみたいなことがよくあります。しかしこちらのお店はいつ訪問しても美味しいパンとコーヒーがいただけるので私のお気に入りです。

パンやスイーツはどれも食べてもハズレがない上に、オーガニック志向というところもポイントが高いです。お土産にも良さそうなオーガニックジャム、紅茶やグラノーラもあります。


ケーキも美味しそうなのでいつか食べたいです。

ブエノスってなぜか朝早くから営業してるカフェやベーカリーがとても少ないのです。ブラジルもそうですが、朝ごはんは軽めに済ます文化なのでしょうか?私はいつもレコレータ地区のホテルに滞在するのですが、モーニングできるところがホテル以外にLe Pain Quotidienくらいしかないのです。ホテルの朝食も連続して食べていると飽きるので、いつもこちらでお世話になっています。

特に土日はとても混んでいるので時間に余裕を持っていくのがオススメです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました