【ソムリエおすすめ】ブエノス・アイレスのワインショップ3選!

スポンサーリンク
中南米旅行
スポンサーリンク

ブエノス・アイレス、ワインラバーの我が家としてはたまらない街です。コスパの良いワインの宝庫で、ブエノスを訪問する度に大量のワインを買い込んで帰ってきます。南米ではチリとアルゼンチンがワイン産地として有名ですが、アルゼンチンワインは国外に出回りにくい傾向にあるので、旅先でレアな美味しいワインを探すのがとても楽しいです。今回は我が家御用達のオススメワインショップを3軒ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

GOURMAND WINE STORE (Patio Bullrich内)

私はブエノスではレコレータ地区(Barrio Recoleta)に滞在するので、ワインもこの地区で調達します。まずご紹介したい1軒目はPatio Bullrichというショッピングモールの中にあります。こちらのモールはルイ・ヴィトンなどのハイブランドが入っている高級ショッピングモールです。こちらのフードコート内にある「GOURMAND WINE STORE」がとてもオススメです。

 

 

こちらのワインショップはどちらかというと「ワイン初心者」向けのお店です。国際的に有名な銘柄のアルゼンチンワインの品揃えが良いです。しかも免税もできるのでお得にお買い物ができます。店員さんもとても気さくて、観光客慣れしているので、「これは有名だよ〜」「この年は当たり年だよ〜」なんて説明オススメしてくれます。ワインの種類もそこまで多くないので、ワインの事がよく分からない、でも美味しいワインを買いたい!みたいな方にはとてもオススメです!

こちらはワインバーが併設されているので、バーでお試しして気に入ったワインを買うこともできます!ちなみに隣のフードコートのクオリティもとても高いので、美味しいおつまみを食べながら一杯…なんて楽しみ方もできるのでとても楽しいですよ!

時々セールも開催していてお得にワインがゲットできます!ブエノスを訪問した際は必ず立ち寄るワインショップです。

FRAPPÉ (LibertadorⅡ)

続いては「ワイン玄人」にオススメしたいワインショップです。

先程ご紹介したショッピングモールのすぐ近くにある「FRAPPÉ」というお店です。こちらはブエノス市内に数店舗構えるワインショップです。私はいつも「Libertador Ⅱ店」を利用しています。こちらもパスポート持参で免税ショッピングができます。

こちらはとにかく珍しく、国外に出回らない貴重なアルゼンチンワインに出会う事ができるワインラバーにとっては聖地と言っていい場所。

南米だとチリとアルゼンチンがワイン産地として有名ですが、生産量が多く世界中に輸出されるチリワインとは対照的に、自国消費率が非常に高いアルゼンチンではワインの輸出量も少ないです。

先程ご紹介したワインショップよりこちらの「FRAPPÉ」の方がアルゼンチンでしか手に入らないワインに出会う事ができます。

初めてこちらに訪問した時の衝撃は今でも忘れられません。店内に入り一見すると、品揃えは先程の「GOURMAND WINE STORE」と同じように見えるんです。店員さんが一通り有名どころのワインを紹介してくれます。

 

この「ルイジ・ボスカ」のような世界的に有名な銘柄を最初はオススメされました。

その時常連と思われるイケイケのビジネスマンがやってきて、ワインが陳列されてる棚の下の引き出しを開けたのです!!なんとその中にお宝ワイン達がギッシリと詰まっていたのです!!!!!

きっと私たちのような一見さんには簡単に公開されない引き出しなんでしょう。でも図々しい私たちは常連さんが去った後、お願いして見せてもらいました。

プレミア感の漂うワイン達が出てくる、出てくる。

店員さんも私たち興奮を察してくれて、細かくプレミアワインの説明を丁寧にしてくれました。知識が豊富で説明を聞いてると全部欲しくなってしまって選ぶのが大変でした。

CATENA ZAPATAのプレミアムシリーズ。こちらのワイナリーはロバート・パーカーが5つ星ワイナリーとして認定しています。ちなみにこちらのワイナリーの一番お値打ちなシリーズが楽天市場で “入手困難!幻のアルゼンチンワイン!” と売られています。


こちらの有名ワイナリーの「RUTINI」のプレミアムシリーズ。見てください、このビンテージ!1990年代のものがゴロゴロっと置いてあります(笑)お値段は日本円で約7万円。こんな高級ビンテージワインがこのお値段で帰るなんてやっぱりアルゼンチンワインのコスパはすごい。RUTINIは普通のシリーズでもとても美味しいのでオススメですよ。

 

私たちが店員さんの「これは世界最高峰のマルベックだ!」という一言で即買いしたのが、こちらの「COBOS」です。まだ我が家のワインセラーで眠って、今からいつ飲もうか主人と相談中です。マルベックの当たり年は最近だと2011年〜2013年だそうですよ!私たちは当たり年のCOBOS(約17000円)購入しました。

このような1本1万円を超えてくるアルゼンチンワインにしては高級なものを買うのも楽しいのですが、ブエノスに行ったら “小規模生産者・シリアルナンバー入り” のワインを買ってみるのも楽しいのでオススメです。アルゼンチンには小規模ワイナリーも多くあり、国外に絶対に出回らないワインがたくさんあります。世界に数千本しかない珍しいワインもあり、我が家はいつも生産数が少なく、シリアルナンバーが入ったワインはないか店員さんに聞いて買っています。ネットでそのワインを検索しても全く出てこないレベルで、毎回ワクワクしながらテイスティングしています。

ちなみにこちらのお店では飛行機で持って帰ることを伝えるとしっかり梱包してくれます!たくさん買うとディスカウントもしてくれる良心的なお店です。

EZE空港のDUTY FREE

最後にご紹介するのがエセイサ国際空港(EZE)の免税店です。

国際線の乗り継ぎがない方は旅の最後に免税店でワインを購入するものオススメです。機内持ち込みができるので割れる心配がないのが1番のメリットです。お土産に良さような価格帯のワインがたくさんあります。ワイン玄人には面白味に欠けるラインナップですが、ルイジ・ボスカなどのコスパの良い国際的に有名なワインは置いてあります。

今回のまとめ

今回は私が利用しているワインショップをご紹介しました。量産されているアルゼンチンワインはブラジルでも見かけますが、ちょっといいワインになるとなかなか出会えません。稀に高級レストランなどに置いてありますが、その場合お値段は現地で買う6倍くらいの値段で提供されています。日本ではチリワインはたくさん飲まれていますが、美味しいアルゼンチンワインはなかなか出会えません。街中のスーパーでもたくさん売られていますが、免税できるワインショップで買う方がオススメです!免税する場合はパスポートの原本をお忘れなく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました