【熱海】期待外れのがっかりお宿 THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宿泊記 

2018年夏に訪問した熱海のTHE HIRAMATSU HOTELS & RESORTSについてお話したいと思います。前々から雑誌やSNSで気になっていたホテルで、とても楽しみにしていた分訪問してがっかり…。詳しい宿泊記を書く気満々でしたが、あまりおすすめしたいポイントがないので、さらっとレポートさせていただきます。(以下はあくまでも個人的な感想で、口コミを見ると大満足されている方も大勢いらっしゃることを事前にお伝えします。)

スポンサーリンク

とにかく居心地が悪い館内

お部屋が狭い、清潔ではないということではありません。

全13室のラグジュアリー宿と聞いていたので、リゾート風のホテルを期待して行ったのですが、着いてみると“熱海のお屋敷を無理やり洋風に改築したホテル”という感じで住宅っぽさが満載でがっかりしました。賢島のAMANEMUを想像して行ったら全然違いました・・・(笑)これから私が感じたがっかりポイントをお伝えします。

なんだか垢抜けない内装

私たちは1階のコーナースイートに宿泊しました。

景色がとても良く、チェックインして早速ビールで乾杯

約90㎡の温泉風呂付きのお部屋はオーシャンビューで眺めも良く、広々としていました。

しかし私は内装が気に入りませんでした。飾ってある絵、ソファ、寝具類、壁紙の色…例えて言うならば、田舎のお金持ちのお家。実際価値の高い絵画、選び抜かれた調度品が置いてあり、“小さな美術館のよう” とホテル側もアートを推しています。しかし問題は全体的にまとまりがなく、結果として垢抜けない印象を受けてしまうこと。なんだか落ち着くことができない客室でした。「大手のラグジュアリー外資系ホテルには敵わないね。」と家族と意見が一致しました。人それぞれ好みがあるとは思いますが、私は好きではありませんでした。

実はこちらのホテル、名古屋のお金持ちのお屋敷を買い取って建てられたそう。そのお屋敷周りに客室棟を増築してています。なのでホテルというよりはアットホームな旅館という感じでした。ちなみに名前にHOTELS & RESORTSとついていますが、リゾート感はゼロに近いです。

リビング

今回はエキストラベットをいれました。子供用のベットかと思ったほど小さかったです

館内はスリッパ移動

ホテルに到着して、エントランスでいきなり靴を脱がされたのは想定外でした。しかも使い捨てではない結構使用感のある布製のスリッパ…。こんなことなら靴下を持って来ればよかった…素足で履くのはとても抵抗感がありました。サンダルの時期には注意が必要です。しかも女性用はヒールのあるスリッパでとても歩きにくかったです。上質なふかふかの使い捨てスリッパの方が個人的によかったです。

ホテル内で楽しめるアクティビティがない

このホテルでの過ごし方はお部屋の温泉に入り、レストランでお食事をいただく、それだけです。

私たちが滞在した時はホテル内にプールやラウンジ、スパ施設はありませんでした。夕食後にラウンジであと1杯だけ飲むのが、我が家の定番の流れなのですが、それができませんでした。また毎回旅行先で楽しみにしているスパも受けられませんでした。

朗報:2018年9月に客室内で受けられるスパプログラムができたようです。でも客室内か…という感じですね。ちゃんとしたスパ施設ができることを祈ります。名前に“リゾート”って入っているのに、スパ施設がないなんて…。

朝からこってりな朝食

私は1日の食事で朝食を一番しっかり食べる人なのですが、こちらの朝食はこってり過ぎて朝から胃もたれを起こしました。フレンチの朝食一択なので、ご高齢の方、朝は軽めで済ませる方には重すぎると思いました。もっと選択肢があってもよいのかなと個人的に思いました。

ダイニングからの眺めは最高でした。

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTSのよかったところ

ネガティブなことばかり書いたので、最後によかったところもご紹介したいと思います。

客室内の温泉には大満足!

室内の温泉風呂にはとても癒されました。私は海外在住で毎日シャワー生活なので、24時間いつでも、誰にも邪魔されずに温泉に入ることができ、久々のお風呂を満喫できました。


ちなみにアメニティーはブルガリでした。

温泉宿で美味しいフレンチディナーをいただける!

熱海の温泉付きのお宿で、フレンチのディナーが食べられるところはとても少ないです。レストランクオリティーのフレンチコースが頂けるこちらのお宿はワイン好き向けだと思います。ワインペアリングもとても良心的なお値段でした。ゲストのワイン偏差値を探りながら、ゲストに楽しんでもらえるようにペアリングしている所はさすがHIRAMATSU!と思いました。


サプライズで誕生日祝いをしていただきました。

子連れも泊まれる温泉宿

残念なことに高級な温泉宿になると、子連れNGの所がとても多いです。母は日頃の疲れを温泉で癒したいのに!と思っても、ちょっと良い宿になるとお断り。そんな中こちらは子連れで行け、さらにキッズフレンドリーです。子供用のアメニティー、バスローブまで用意されており、食事も子供が騒いでも良いように他のゲストから離れた場所で食べられます。母は家事から解放され、極上の温泉とお食事とワインを嗜んで日頃の疲れを癒すことができるのです。

今回のまとめ

再訪問は恐らくない熱海のHIRAMATSU、期待値が高すぎたためがっかりしてしまったホテルでした。なんでこんなに口コミが良いのかわかりません…。

Google 関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする