【離乳食】赤ちゃんとハワイ旅行を満喫するために実践した6つの事前準備

Hawaii

今回はハワイ渡航歴25回以上の私が “ハワイでの離乳食” に向けて行った事前準備を紹介したいと思います。以前行った海外旅行では現地でなかなか離乳食を食べてくれず、痩せてしまったという事件を教訓に今回はみっちり準備を行ったおかげで、現地ではとてもスムーズに離乳食を食べてくれました。

事前準備は入念に!

私は今回日本から持参したベビーフード(以下BF)と現地で入手したフレッシュフルーツとBFで9日間のハワイ旅行を乗り切りました!普段は手作りの離乳食をあげているのでBFを使い事に対して少し抵抗がありましたが、旅行を思いっきり楽しむために便利なBFを活用する事に決めました。そのおかげで普段より楽に離乳食をあげる事ができ、私も旅行を大満喫できました!

 

離乳食が始まっている赤ちゃん連れの9日間の旅行は不安だらけでしたが、先輩ママの教えに従って1ヶ月以上前から事前準備をしっかり行ったおかげで、現地では特にトラブルなく過ごす事ができました。これから私が行った6つの事前準備を紹介していきたいと思います。

 

【事前準備その①】食べられる食材を増やしておく

ハワイ旅行の時、我が家のおちびさんは離乳食中期〜後期でした。ハワイでいろんな食材を食べられるように、様々な野菜やフルーツを事前に試しました。特にフルーツはいろんなものを試しました。アメリカのBFは日本では乳児には推奨されていない「マンゴー」「パパイヤ」「パイナップル」「キウイ」などのフルーツを使ったBFが多い上、いろんな食材がミックスされています。1つでも食べた事のない食材が入っているBFは避けたほうが良いので、食べられる食材を増やしておいた方が現地調達できるBFの幅が広がります。

 

私はBFばかりではなく、現地調達した新鮮なフルーツもあげようと決めていました。今までのハワイ旅行の経験からホテルやレストランでよく出てくるであろうフルーツを考え、事前にアレルギーがないかチェックしました。私が試したフルーツは

  • バナナ
  • リンゴ
  • パイナップル
  • パパイア
  • マンゴー
  • オレンジ
  • スイカ

です。南国フルーツはアレルギーの心配があり、日本では1歳未満にはあげないよう推奨されていますが、私が住んでいるブラジルでは生後6ヶ月から全てOK。アメリカ在住の友人によると、アメリカでも南国フルーツは栄養満点なので離乳食初期から食べさせるそうです。幸いアレルギーはなく、ハワイで美味しいフルーツをたくさん食べる事ができました!

 

ハワイでよく食べさせたのはバナナパパイアパイナップルオレンジでした。器のなかでフォークを使って潰して食べさせました。切ったオレンジがある時は手づかみで食べてもらいました。しゅぱしゅぱ吸いながら食べていて時間が稼げてなかなか良かったです。笑

 

ちなみにフルーツはホテルの朝食ブッフェや「高橋果実店」で購入したものを与えてました。ガイドブック常連の高橋果実店はフレッシュフルーツを使ったジェラートが有名ですが、新鮮なフルーツも売っています!とてもおすすめです!

 

 

【事前準備その②】外で食べる事に慣れさせる

旅行中は色々な場所で離乳食を食べるので、いつもと違う環境でご飯を食べられることに慣れさせる必要があります。うちのおちびさんは外でご飯を食べた経験が少なかったので、旅行に向けて色々な所で離乳食を食べる練習をしました。ベビーカーに乗せて、チェアベルトで、パパの膝の上で、レストランのハイチェアで…いろんな方法を試しました。私は使い捨てスプーンスタイを使用する予定だったのでそちらも事前に試しました!!お気に入りのスプーンでないと離乳食を受け付けない子もいるそうなので、事前にお試ししておく事をおすすめします。

 

【事前準備③】バランスよく食べさせるためにBFに曜日を書いておく

大量のBFをハワイに持ち込む事になると、その都度あげるものを選ぶのがとても大変です。ポンコツ母の私は「さっき何食べたっけ?」「また同じものあげちゃった〜」なんて事が起こることが容易に想像できたので、出発前にBFに油性ペンで “○月○日昼” というようにあげるものをあらかじめ決めておきました。事前の少しの手間で旅行中の考え事を少し減らすことができました。

 

【事前準備④】アメリカのBFを取り寄せしてお試しする!

私はハワイでオーガニックのBFを現地調達しようと考えていました。しかしおちびさんがちゃんと食べてくれるか、アレルギーは出ないか等とても心配事が多かったです。いつもビタミン剤をアメリカから取り寄せるために使っている「iHerb」というサイトをなんとなく見ていると、なんとオーガニックの離乳食が!!ビタミンのついでにお取り寄せして、旅行前にお試しする事ができました!!取り寄せたものと同じものが、ガイドブックに必ず載っているオーガニックスーパー「WHOLE FOODS MARKET」や大手薬局チェーン「Longs Drugs」に売っていたので、安心して現地調達する事ができました。ハワイで調達できるBFについてはこちらの記事に詳しく書いています。 

 

【事前準備⑤】粉ものはあらかじめ計量して小分け袋に入れておく

うちのおちびさんはおやつも含めると1日4食食べていました。全てパウチや瓶のBFを持ち込むとなるととんでもない荷物になってしまうので、お湯で溶かす系の離乳食も持って行きました。粉のものは計量してチャック付きの小分け袋に入れて持っていきました。

 

 

このように袋に「オートミール ○g ○ml」と書いておくと必要なお湯を用意してオートミールを入れるだけで完成します!ちなみにきな粉は不足しがちなタンパク質を手軽に補え旅行中も大活躍でした。

 

 

レストランには小分けにした粉物とキューブミルクを持参して、こちらのエジソンの計り付きのフードコンテナーにお湯を入れてもらって即席離乳食を作っていました。どこのレストランやカフェの店員さんも嫌な顔せずお湯を用意してくださってとても有難かったです。

 

 

【事前準備⑥】好みのBFを用意する!

好き嫌い、そしてアレルギーがあるかどうか確認するために、持ち込む予定のBFをあらかじめお試しするのは皆さんやられていると思います。

そんな皆さんに私は声を大にして言いたいのです!

「そのBF、アメリカに持ち込む事ができますか?」

ハワイにはお肉が入ったBFは持ち込めません!肉エキスそしてチキンブイヨンも持ち込み禁止品に該当します。「いや、そんなのバレないでしょ?」と思ったあなた。アメリカの税関検査委員を侮るな!と私は言いたいのです。

持ち込み禁止品については、客室乗務員をしていた頃の体験談を交えながら詳しくこちらの記事でお伝えしていますので、もしよろしければご覧ください。

 

 

今回のまとめ

ハワイ旅行はママの日頃のご褒美でもあります。私は事前準備のおかげで心に余裕が持て、BFのおかげで旅行を大満喫するすることができました!おチビさんもハワイでしっかりご飯を食べてくれて、トラブルもなくご褒美旅行を楽しめました。私なりの事前準備が皆さんの参考になれば嬉しいです。

コメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

タイトルとURLをコピーしました