イグアスの滝に行くならBelmond Hotel das Cataratasに泊まるべき3つの理由

ブラジル側の国立公園内唯一のホテル、Belmond Hotel das Cataratasに宿泊してきました。駐在員たちが口を揃えて「イグアスに行くならベルモンドに泊まれ」という程、世界中の人々を魅了するホテルの魅力をお伝えします。ベルモンドに泊まればイグアスを何倍も楽しめます!

スポンサーリンク

Belmond Hotel das Cataratasに泊まらなきゃイグアスに行く意味がない

イグアスの滝といえば世界中から観光客が訪れるブラジルを代表する観光地。山より俄然海派の私もイグアスの滝は死ぬまでに行きたい所リストに入る程、ブラジルの駐在員はもちろん、南米に駐在になった人たちのほとんどが訪れる南米を代表する観光名所です。

イグアスの滝は国立公園内にあります。周辺にはたくさんの宿泊施設がありますが、国立公園内にあるホテルはブラジル側ではベルモンドホテル、アルゼンチン側にはシェラトンホテルのみです。アルゼンチン側には悪魔の喉笛と呼ばれるイグアスの滝の中で一番有名なスポットがありますが、駐在員仲間は皆口を揃えて「イグアスに行くなら、ベルモンドホテルに泊まらなきゃ意味がない!!」と言います。それほどみんなが言うなら泊まるしかないと思い、半信半疑でしたがベルモンドを予約。実際行ってみてベルモンドに泊まるべき理由がわかりました!

①コンシェルジュとオーダーメイドな旅が作れる

ベルモンドホテルのコンシェルジュはとても親切で素晴らしいおもてなしをしてくださいました。おかげさまでイグアスの滝を何倍も楽しく、そして快適に過ごすことができました。ベルモンドに宿泊予定の方は事前にコンシェルジュに現地でどのような過ごし方をしたいのかを伝え、オプショナルツアーやレストラン、スパの予約をすることをおすすめします。私たちは事前にコンシェルジュとメールでやりとりし、レストランの予約とオプショナルツアーの予約をしました。主人が英語でやりとりしてくれましたが、コンシェルジュの方のお名前が日系だったので、もしかすると日本語でのやりとりも可能かもしれません。こちらのホテルは世界中から観光客がくるので、英語やスペイン語はもちろん、日本語や韓国語を話せるスタッフがいるのでポルトガル語が話せない方も安心して宿泊できます。

南米では時間をお金で買う!悪魔の喉笛を見に行く

コンシェルジュにお願いして一番よかったと思うのが、アルゼンチンへの日帰り観光でした。私たちは2泊3日でイグアスに行ったので、時間のロスが多いアルゼンチン側への観光を渋っていましたがコンシェルジュがすべてを解決してくれました。

イグアスの滝のハイライトである悪魔の喉笛はアルゼンチン側にあり、ブラジル側にあるベルモンドホテルからは国境を越える必要があります。もちろん日帰りでもパスポートは必携で、イミグレーションと税関を通る必要があります。自力でブラジルからアルゼンチン側に行くにはバスかタクシーを利用します。距離的には遠くはないのですが、手続き関係で時間を取られるのでだいたい1時間半から2時間半かかると思っていた方がよいです。

  • バス利用の場合

フォス・ド・イグアス(ブラジル)からバスに乗り、まずはブラジルのイミグレーションで一度バスから降り出国手続きを済ませます。次に税関を通ります。日帰りの方は税関審査はいりません。税関を通過しそこからまたバスに乗り、アルゼンチン側のイミグレーションで再度バスを降り、入国審査と税関検査(日帰りの方も)を受けます。そしてバスに乗りプエルト・イグアス(アルゼンチン)に向かいます。自分の乗っていたバスは手続きを待ってくれないので、手続きに時間がかかってしまうと次のバスまでバス停で待つこともあるそうです。帰りも同様に各所で手続きを済ませます。バスの場合格安で国境越えできますが、時間がない方、子供連れにはおすすめできません。時間に余裕がある方向けの移動手段です。

  • タクシー利用の場合

タクシーの場合も基本的に国境越えの流れは同じですが、タクシーに乗ったまま出入国審査と税関審査が受けれることと、バスを待つ時間がないため大幅な時間の節約ができます。しかし1点注意したいことがあります。それはイミグレーション付近の渋滞です!!自家用車で国境越えをする方もたくさんいるので、1年中イミグレーションは混雑しています。私が行った時はハイシーズンだったので、イミグレーションの2キロ手前から渋滞して、ドライバー曰く出入国に最低1時間はかかるそうです。日帰りだと合計でイミグレーションを4回通過するので、時間のロスがかなり痛いです…。ちなみに料金はブラジル側からアルゼンチンへは70レアル(約¥2600)、帰りは250~300アルゼンチンペソ(約¥2200)と地球の歩き方に記載されていますが、友人は往復で交渉して300レアル弱かかったと言っていました。

ベルモンドの専用車で国境越え

私たちはコンシェルジュの勧めでベルモンドの専用車でアルゼンチンまで行くことにしました!本当に本当に快適でスムーズで時間を有効活用できたので、とてもおすすめです。ベルモンドの専用車はなんとイミグレーションでの待ち時間が0です!!!イミグレーション前の長蛇の列を無視して、一気にイミグレーションまで突き進み、最後はイミグレーションの交通整備をしている係員が横入りの許可を出してくれて、入国審査終了。もうあっさりすぎてこれで本当に大丈夫なのか不安になるくらいでした。

この専用車のいいところは国立公園内の走行許可を得ている車なので、ベルモンドの目の前で車に乗り、帰りもホテルの目の前で降ろしてくれます。ちなみに一般のタクシーは走行許可がないので公園内には入れません。なので国立公園の入り口で乗り換えが必要です。公園内のバスは15~20分に1本で、入り口からホテルまでは約15分かかります。専用車はホテルの目の前からアルゼンチン側の国立公園の入り口まで乗り換えなしで約40分で到着して、本当に楽でした。帰りはドライバーと待ち合わせ時間を決めて、再集合します。ブラジルがサマータイムの場合、アルゼンチンと時差が1時間あるのでどちらの時間に合わせるか相談するのを忘れずに!!!

専用車は数に限りがあるので、事前予約が必須です。私たちの車はセダンタイプで革張りシートで乗り心地も良かったです。車内に冷えたお水も置いてありました。ドライバーさんが慣れた手つきで出入国審査と税関審査をサポートしてくれていたれり、つくせりでした。合計4人まで乗れるそうなので、人数が多ければタクシーより割安かもしれません。お値段は往復で550レアルなのですが、払う価値は大いにあると思います。ブラジルに引っ越してきてしみじみ感じますが、南米ではお金で解決できることが沢山あります…。

日帰りでのアルゼンチン側観光に関してはこちらの記事に詳しく書いています!

次に満月の日だけ開催される月虹を見に行くオプショナルツアーをご紹介します。とても神秘的な体験に大満足でした!

次のページへ

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tooko より:

    Isabellaさん、はじめまして。
    ブログを読んでいろいろ参考にさせていただいています。

    今度イグアスの滝へ行く予定があり、ぜひBelmond Hotel das Cataratasに泊まりたいと思っているのですが、今までこのような高級ホテルに泊まったことがないので
    不安だらけです。

    例えばドレスコードですが、
    夕食時はキュロットスカートのようなものでもOKなの・・とか
    朝食時、朝食後そのまま滝へ行くつもりの格好(ショートパンツとスポーツサンダルとか)でもOKなの・・とか
    レストランで食事をしたいけど量をあまり食べられないので、残したら失礼なのでは・・とか
    そもそもレストランは予約が必要なのか・・などなど。

    いろいろ考えると普通のホテルに泊まったほうが無難なのではと思ったりしてます。

    差し支えなければ、ご意見などをいただけると助かります。

    • イザベラ より:

      tookoさん
      コメントを下さりありがとうございます。

      イグアスのベルモンドホテルはラグジュアリーなホテルですが、そこまで畏まる必要はありません。ITAIPUというレストランにディナーに行く時だけ、ビーサンはやめておいた方が良いと思います。キュロットスカートは大丈夫です!

      ビュッフェ式のレストランはとてもカジュアルなので、朝〜夜まで半パン、ビーサンで大丈夫です。お部屋に用意されているHavaianasのビーサンで来られてるゲストがたくさんいました。ブラジルはミシュランの星付きレストランでもノージャケットで入店出来るほど、ドレスコードという文化が無い国です。あまり気にせずに素敵なホテルを楽しんでください!

      レストランについてですが、ビュッフェ式のレストランは自分の好きなだけ食べられるので、食べ残しの心配はありません。ITAIPUはアラカルトでも頼めるので少しずつオーダーしながらお食事を召し上がってはいかがでしょうか?ブラジルは食べ物を残しても失礼にならない国なのであたり心配なさらなくて良いと思います。

      長くなりましたが、イグアスの滝に行くならベルモンドに泊まることを強くおすすめします!

      素敵な旅になる事をお祈りしています。