【リオ2018】コスパがいい席はどこ?カーニバルのチケット購入方法!

今回は世界3大カーニバルの1つ、ブラジル・リオデジャネイロで行われるサンバパレードのチケットの取り方についてお話します。ブラジルに住んでいるなら1度は見ておきたいと思っていたリオのカーニバル。念願叶って観戦してきました。しかし!驚いたのがチケットの高さ!人気のグループが出場する日の特等席はなんと1人20万円。今回はコスパの良い席についてもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

せっかく見に行くなら、1部リーグがおすすめ!

リオのサンバパレードはSambodromo(サンボドローモ)という縦長の会場で数日間に渡り開催されます。リーグ毎に各チームが順番にサンバのパレードを披露し、優勝を競います。審査員はサンバの技術・音楽・デコレーション・テーマ・一体感など、様々な観点から評価をおこないます。

2018年のカーニバル(サンボドローモ)の日程

    • 2部リーグ(Desfile do Grupo da Série A)

2018年2月9・10日 21:15-04:45

    • 1部リーグ(Grupo do Especial)

2018年2月11・12日 21:15-03:30

    • エキシビション(Desfile das Campeãs do Carnaval de 2018)

2018年2月17日

この3つの中で一番おすすめなのが、“1部リーグ”。サンバのレベルはもちろんですが、観客を含む会場の熱気が2部リーグとは桁違い!私は実際に1部リーグを見に行きましたが、優勝がかかったパレードの迫力は凄まじく、ブラジル人の本気を感じました。

ちなみに2017年度は同率一位で“Portela”と“Mocidade”というチームが優勝しましたが、前者は1日目に、後者は2日目に出場予定です。また熱狂的なファンが多い、2016年の王者“Mangueira”というチームは1日目に、歴代最多優勝記録を持つ“BEIJA-FLOR”は2日目に出場します。

2部リーグのチケットは1部リーグに比べるとお値打ちですが、パレードの迫力はイマイチです。1部リーグのチームに比べると2部リーグのチームは資金が少ないので、衣装や演出が質素です。サンバダンサーのレベルも低いと言われています。

3つ目のエキシビションは旅行代理店が強く勧めてくる場合がありますが、「エキシビションは避けた方がよい」とブラジル駐在員は口を揃えて言います。エキシビションとは、その年の(優勝チームを含めた)上位6チームがサンバを披露するもので、一見一番魅力的に聞こえますが、順位が決まった後のパレードであるため、皆やる気がないのです!!ダンスは手を抜くは、衣装や大道具は壊れているはで…最悪の状態だそうです。

チケットの購入方法

チケットの購入方法はいくつかありますが、今回は私のおすすめの方法をご紹介したいと思います。ブラジル国内に住んでいる人向けと、ブラジル以外の国から来る方向けの2通りの方法をご紹介します。

ブラジル在住でポルトガル語ができる方はネット予約がおすすめ!

ブラジルに住んでいる(いた)方、ポルトガル語に自信がある方は一番お値打ちにチケットが手に入る“ネット予約”がオススメです。実際私もネット予約でチケットを購入しました。

私はこちらのオンラインサイトから購入しました。料金の支払いまでサイト内で完結します。クレジットカードがあれば購入できます。

サイト自体は英語対応しています。しかし、ブラジルの治安事情にあまり詳しくない方にはおすすめしません。サイトで購入したチケットはリオデジャネイロ市内の「セントロ」という地区の特設会場に直接受け取りに行く必要があり(カーニバルの会場であるサンボドローモから結構離れているんです)、この受け取り会場の周辺は、治安が非常に悪いためです。ブラジル慣れしていない人がセントロを歩くのは危険です(ブラジル在住でポルトガル語の話せる主人でさえも受け取りの際は「ハラハラした」と言っていました)。サイトは英語に対応しているので簡単に予約はできますが、受け取りまでの道のりはブラジル国外からの方にはとっては難しいかもしれません(手続きが面倒というよりは、身の危険という意味で)。ポルトガル語が話せて、かつブラジルの治安事情についてある程度知識がある方にネット予約はオススメします。

受け取る際は治安が悪くてハラハラしましたが、チケットを無事にゲット!旅行代理店を通して購入するよりもだいぶお値打ちに購入でき大満足です。

チケット予約サイト
Rio Carnaval net

安心安全の現地発着のオプショナルツアー

ブラジル国外から来る方は、旅行代理店が企画する日本発着のツアー、または現地発着のオプショナルツアーに参加するのがオススメです。ネット予約に比べるとかなりの手数料を取られて、正直ぼったくりだなと思います。しかし送迎付きで、チケットも手配してくれるのであればブラジルに不慣れな方でも安心して、パレードを観戦できると思います。

実際にブラジル駐在員でも旅行代理店に頼む人も多いです。ちなみにブラジル駐在員の御用達の旅行代理店はH.I.S!!

H.I.Sのブラジル支店のHPはこちらです!現地発着のオプショナルツアーが豊富に揃っています。(現在リオのカーニバル2018ツアーについては問い合わせという形になっています)

日本最大級の海外現地オプショナルツアーの予約サイト「VELTRA」ではすでに現地発着のオプショナルツアーが発売されています。こちらのツアーはカーニバルが一番盛り上がる座席9ブロックの座席を確約!また安心の送迎付きで、9ブロックの入り口まで添乗員が案内してくれるので、ブラジルに不慣れな方も安心してカーニバルを楽しむことができます!カーニバルを行う会場はとても広いので、座席の入り口まで案内してくれるのは心強いと思います。



私の何度も世界中でVELTRAのオプショナルツアーを利用していますが、毎回大満足して帰ってきます。とてもしっかりした現地の会社を提携しているので、いつも安心して参加しています。

旅行代理店経由のチケットは高いとお伝えしましたが、実は1点メリットがあるのです。それは旅行代理店経由でしか手に入らない特等席があるのです!!後ほどお話しますが、9ブロック(外国人観光客専用席)という審査員席に一番近くの、非常に盛り上がるブロックがあります。この9ブロックのチケットは旅行代理店経由でしか手に入りません。

余談ですが、ブラジル旅行に強い「ツニブラトラベル・ジャパン」という有名な旅行代理店があります。この代理店のサンパウロ支店にて両替を行った日本人が、店舗を出た後拳銃強盗に襲われるという事件が立て続けに発生しています。残念ながらお亡くなりになられた方もおり、事件以来ブラジル駐在員はこの代理店を使わなくなりました。

その他の購入方法

ネット予約と旅行代理店経由以外にもチケットを手に入れる方法はあります。ただし1部リーグの良い席は早々に売り切れてしまうので、日程と席にこだわりがない方向けです。

  • 当日ダフ屋から購入する

当日会場の入り口付近にダフ屋がたくさんいます。交渉次第でお値打ちにチケットを購入できると言われています。パレード開始後、時間が経つにつれどんどん値下げしていきます。しかし相場を知らないとぼったくられるので要注意。また英語が通じず、ポルトガル語しか話せないダフ屋が多いので、ブラジル在住の方向けの入手方法です。

  • 日本人宿でチケットを購入する

リオデジャネイロには日系人が経営する宿があります。そちらでチケットを手配してもらうことも可能です。宿の予約をした際にオーナーに相談しておくとベターです。

席選びは慎重に!

サンボドローモの観客席には大きく分けて3タイプあります。GRANDSTANDS(ARQUIBANCADAS)、OPEN FRONT BOXES(FRISAS)、LUXURY SUITES(CAMAROTES)と3種類あります。GRANDSTANDSから順に値段が高くなっていきます。


出典:Rio Carnival Net

こちらがサンボドローモの観客席の全容です。競技が行われる中央の通路は約700メートルもあります。赤色の座席がGRANDSTANDS、緑色がOPEN FRONT BOXESで、青色がLUXURY SUITESです。

チケットの価格は開催日と席によって大きく異なってきます。1部リーグのチケットではお値打ちな席は約1万円、VIP席になると20万円を超えてきます。場所によってパレードの見方が全く違うので、お財布と相談して席選びは慎重に行うことをオススメします。

これから3種類の座席の特徴をお話していきます。

GRANDSTANDS

こちらの席は基本的に座席指定がされていません。なので開場と同時に観客は席取りに走ります。こちらの席は周りの観客と踊りながらワイワイガヤガヤ見たい人、体力がある人向けの席です。

私はGRANDSTANDSで観戦してきました!!21時半スタートだったので1時間前に行くと前の方は既に埋まっていました。

席は段々になっているので後ろの方からでもパレードは見れます。パレードの間は観客は総立ち。音楽に合わせて歌って踊って、まるで大きなクラブのようでした!隣人と仲良くなり楽しかったです!

1チームの演技が終了すると、次のチームの演技まで20分から30分の待ち時間があります。その間はみんな地べたに座って待機します。地面はコンクリートで固いので、敷物を持参することをオススメします。この時期は雨が降ることもあるので、カッパも持って行きました。


遠くてあまり楽しめないか心配していましたが、パレードの全容はバッチリ見れて満足でしたちなみにチケットは1万4000円でした。

OPEN FRONT BOXES

こちらの席は最もパレードに接近できる席です!友人曰く、パレードの熱気が伝わってくるそう。サンバダンサーも間近に見れるので、迫力満点。ブラジル感を十分に味わうことができます。

こちらの席は6名ずつに区切られた空間になっています。全席指定席で、椅子が用意されています。トイレもこの席専用のトイレがあり、とても快適に過ごせます。日本人にはこちらの席が一番人気です。

お値段は一人約9万円。びっくりするほど高いです…。

LUXURY SUITES

こちらの席はBOX席です。専用の出入り口があり、食事まで付いてきます!!!しかしパレードは窓から見る形になり、同じBOX内の人々で窓の前のスペースの取り合いが行われるとのこと。お値段は一人20万円以上…。コスパが悪いので、駐在員はこちらの席は取りません。どちらかというと接待向けの席のようです。

ブロック選びも慎重に!

席の種類も大事ですが、ブロック選びも重要です。なぜなら場所によって、ダンサーたちのテンションが全く違うからです!私のおすすめは6・7・8・9ブロックです。

一番出演者が気合を入れるポイントがあります。それは審査員席の前!!審査員席は9ブロックにあるため、ダンサーたちは9ブロック付近で一番張り切ります。

パレードは1チーム40分から1時間弱踊り続けるため、パレードの序盤である2・3ブロック前はダンサーたちにとってウォーミングアップ。9ブロック前に向けて徐々に本気を出してきます。なので6・7・8・9ブロックあたりがオススメです。10・11ブロックは審査が終わり、出演者はお疲れモードです。

私は8ブロックで観戦しました。9ブロックの真向かいの8ブロック席は、9ブロック席よりもお得に購入できた上に、とてもパレードが盛り上がったのでコスパが良い席だと思いました。

ちなみに日本人に人気のOPEN FRONT BOXESの9ブロックの席は旅行代理店経由でしか購入できません。OPEN FRONT BOXESで唯一指定席となっています。外国人観光客専用の席なので、こちらの席を希望の方は早めに旅行代理店に問い合わせるとよいと思います。

今回のまとめ

カーニバルのチケットはピンキリです。また人気の席はすぐに完売してしまうので、計画はお早めに!ブラジルに慣れていない方は代理店が企画している送迎付きプランがオススメです。