【ハワイ】私がトランプインターナショナルホテルを選ぶ5つの理由


ハワイへの渡航回数25回以上の私が、最近定宿にしているトランプインターナショナルホテルワイキキ。ワイキキでは多数のホテルに宿泊しましたが、2009年にオープンして以来このホテルの虜になっており、現時点ではダントツでお気に入りのホテルです。今回はトランプインターナショナルホテルワイキキを選ぶ5つの理由をお話したいと思います。

スポンサーリンク

Trump International Hotel Waikikiの基本情報

トランプインターナショナルホテルワイキキ(以下、トランプホテルと呼びます)は2009年にオープンした比較的新しいホテルです。アメリカの権威ある旅行誌「フォーブス・トラベルガイド」の格付けで2015年から3年連続で5つ星を獲得。同格付けでは隣接する「ハレクラニ」でさえ4つ星で、トランプホテルはオアフ島で唯一の5つ星ホテルです

同ホテルは38階立ての全462室中、約3割が分譲のコンドミニアムで、残りはホテルとして使われれているため、高級コンドミニアムの機能と5つ星ホテルのサービスが融合しています。また日本語が話せるスタッフもいます。ほとんどのものが日本語で表記してあるので、言葉が不安な方も安心して過ごせるホテルです。

これから、約10回の宿泊を通して実感しているトランプホテルのオススメポイントを紹介します。


広告塔はもちろんイヴァンカさんです。

①好立地かつ静かで落ちいて過ごせるホテル

旅行先のホテルを選ぶとき、多くの人が重要視するのが『立地』ではないでしょうか。美しいビーチ、お買い物、サーフィン、ゴルフ、ドライブ、グルメにスパ…様々な魅力があるハワイでの過ごし方は人それぞれ違うと思いますが、どのように過ごすのであれ、やはり便利なのがワイキキの中心地であるTギャラリアロイヤルハワイアンショッピングセンター周辺のホテルです。

Tギャラリア周辺はホテル激戦区で、多くの有名ホテルやコンドミニアムがありますが、私は中心地にありながらも、落ち着いて静かに過ごすことができるトランプホテルがお気に入りです。Tギャラリアから徒歩5分の好立地にありつつ、カラカウア通りというメインストリートから外れているので、人が少なくとっても静かに過ごせます。カラカウア通り沿いにある白いクラシカルな外観が特徴のワイキキ最古のホテル、『モアナ・サーフライダー』に宿泊した際は深夜の騒音に悩んだ思い出があります。メインストリートに面したお部屋ではなかったのですが、深夜まで続くストリートパフォーマーの歌声や酔っ払いの叫び声、そして車の騒音であまりよく眠れませんでした。同じくカラカウア通り沿いにある『ハイアット リージェンシー』に宿泊した際も夜に「うるさいな〜」と思うことがありました。

②水回りが綺麗!快適なお風呂

ホテル選びの際に私が重要視することは“水回りの綺麗さ”です。バスタブがないなんて論外で、綺麗なお風呂で旅行の疲れを癒したいのです。全室バスタブ付きのトランプホテル、特にポイントが高いのがバスタブの深さ!

ちなにみバスルームはイタリア製大理石を使っているそうです。この深めのバスタブにお湯を張って、お気に入りの入浴剤を入れて、長風呂するのが1日の終わりの楽しみです!トイレはバスルームの中にあり、TOTOのウォシュレット付きです。ハワイのトランプホテルは日本人好みに設計されていると思います。


また一番お値打ちなお部屋でもダブルシンクであるところが魅力的です!


私はこちらのシャンプーがお気に入りです。

③ワイキキに住んでいるような気分になれるホテルライフ

トランプホテルはコンドミニアムとしての機能が備わっているので、一番お値打ちなお部屋にも簡易キッチンが付いています。高級家電や充実した調理用具、そして食器なども設備されています。IHのコンロやガスオーブン、ワインセラーなどが付いたフルキッチン付きのスイートルームもあります。また洗濯機や乾燥機が付いているお部屋もあり、まるでワイキキに住んでいるかのような気分になります。もちろん5つ星ホテルとしてのサービスも充実しているので、1日2回のハウスキーピングサービスやコンシェルジュサービスも受けることができ、コンドミニアムとホテルのいいとこ取りなのです!

また最近は快眠プログラムができました。好みの枕とアロマを選ぶことができます。当日リクエストが可能です。ますます快適なステイになりました。


ピローリスト


アロマリスト


ターンダウンサービス後にセットされていました。

④「トランプ・アタシェイ」のサービスが素晴らしい!

私がトランプホテルの最大の魅力だと思うのが、「トランプ・アタシェイ」というサービスです。こちらはそれぞれのゲストに合わせ、最高の滞在にするためのお手伝いをしてくれるパーソナル・サービスです。滞在中はもちろん、渡航前からコンシェルジュが様々なことを手配してくれます。空港送迎やオプショナルツアーの手配はもちろん、他にもお祝い事の手配や食料の調達まで行ってくれます。

例えば、「お部屋のキッチンでスムージーを作りたいので、食材を冷蔵庫に入れておいてください。」という要望や、「友人をお部屋に招いて誕生日バーティーをしたいので、部屋の飾り付けと誕生日ケーキの用意をお願いします。」といった要望をすると、コンシェルジュが手配してくれます。

ちなみに私が前回こちらに滞在した時は、母の日をお祝いしたいと事前にコンシェルジュに相談しました。どのようにお祝いするか親身になって考えてくれました。当日のサプライズは大成功で、しかもお祝いということでお部屋もアップグレードしてもらえました。

⑤ホテル内に高評価のレストランがある

トランプホテルの中には3つのダイニングがあります。そのうちの2つがとってもおすすめなので御紹介します。どちらのレストランもランチ、ハッピーアワー、そしてディナーで利用できます。

BLTステーキ

ガイドブックにウルフ・ギャング・ステーキハウスと並んで載っているのが、このBLTステーキ。私はウルフ・ギャングよりも居心地がよく、そして名物のポップ・オーバーを目当てにこちらに毎回足を運びます。フレンチの要素を取り入れているので、ウルフ・ギャングよりも繊細な味付けなので日本人の口に合うと思います。お肉ももちろん美味しいですが、前菜のマグロのタルタルとクラブケーキが大好物です。お肉だけではなく、シーフードのメニューも多いのでオススメです。名物のポップ・オーバーは無料でついてきます。

ダイニングは17:30-営業していますが、バーは16:30から営業しています。バーはハッピー・アワーをしているので、お値打ちにアルコールを楽しみながら、おつまみを楽しめます。


こちらのハッピー・アワーはステーキは注文できませんが、ポップ・オーバーは食べられます!

BLTステーキ 公式HP

営業時間:17:30~22:00 (日~木)
17:30~23:00 (金・土)
バー:16:00-closeまで

ワイオル・オーシャンビュー・ラウンジ

こちらのレストランはハッピー・アワータイムサンセット・ディナーがオススメです!

こちらのハッピー・アワーは穴場スポットです。海を眺めながら軽食をお酒を楽しめます。最高の雰囲気なのに、なぜか人がいつも少ないのです。


名物陰陽バーガー。ビーフ100%のジューシーなパテとベーコンと目玉焼きのコラボは最高に美味!ランチ限定のメニューですが、お願いすればハッピー・アワーでも頼めます。カロリーの塊ですが、食べる価値ありです。


ハッピー・アワーのメニューです。


ドリンクメニューです。ホテルのダイニングでこのお値段は良心的です。

さらにオススメなのが、金曜日のサンセットディナーです。なぜ金曜日かというと、近くのヒルトンホテルから花火が打ち上がるからです!!19:45から5分間だけですが、ディナーを食べながらの花火は最高にロマンティックです。ワイキキビーチからも花火は見えますが、大勢の人でごった返しているので、優雅にこちらで鑑賞するのが私は好きです。


金曜日のサンセットディナーはこのようにロビーにまでテーブルがセッティングされる程大人気なので、予約が必須です。

ワイオル・オーシャンビュー・ラウンジ HP

営業時間:ランチ 11:00~18:00
ハッピーアワー 15:00~18:00
ディナー 18:00~22:30

朝食が美味しくない

3つのダイニングのうち、唯一朝食が食べられる「陰陽カフェ」というダイニングがあります。こちらのホテルの唯一の残念ポイントなのですが、陰陽カフェの朝食が美味しくないのです。。ビュッフェとアラカルトもオムレツ以外私の口には合いません。和食も用意してあるのですが微妙です。私の大好物のワッフルやパンケーキも雑穀入り?なのかすこし酸っぱい味がするのです。なので私はいつもホテルでは朝食を食べません。いつも隣のハレクラニやロイヤルハワイアンの朝食をコンシェルジュに予約してもらいます。

次のページで私が宿泊経験のあるお部屋のレビューをします!

次のページへ