【要注意】Agodaの「今すぐ予約・後払い」を利用する際の注意点!

旅のお役立ち情報
PR

今回は、表示価格の安さにつられホテル予約サイトAgodaを利用した際に発生したトラブルについて書きたいと思います。毎回このようなことが発生するわけではないとは思いますが、Agoda利用の際はお気をつけ下さい。

*被害者は私だけではないようで、こちらの記事にたくさんの被害者の方からのお怒りコメントが寄せられています。よろしければコメント欄までお読みください。

PR

旅行代を節約!最安値のサイトを見つける

皆様は旅行をされる際、どのようにホテルを予約されますか?私は必ず予約前に複数のサイトを比較した上で、価格含め最も条件が良いサイトで予約するようにしています。宿泊先の公式サイトはもちろん、Booking.comやExpedia等のホテル予約サイトも複数比較します。

最近は複数の予約サイトを比較して最安値を案内してくれるとっても便利なサイトがあります!比較の手間が省けとても便利になりました。我が家はいつも「トリバゴ」で最安値のサイトを見つけています!以前はトリップアドバイザーで比較していたのですが、最近はもっぱら「トリバゴ」と利用しています。より多くの予約サイトから最安値をたたき出してくれるとても優秀なサイトです。1円でも旅費を節約したい方、予約前にトリバゴで最安値チェックを!!!

Agodaで年越し旅行のホテルを予約

さて、昨年末のヨーロッパ旅行のホテル予約をしたときのこと。いつも通り「トリバゴ」で価格を比較していたところ、Agodaというサイトが圧倒的な安値を提示していました。部屋のクラス等も見る限り他サイトと同条件。一度も利用したことの無いサイトだったので多少不安はありましたが、その不安を上回る程の値差によりAgodaでの予約を決意しました。

予約時の表示価格は109,090円。予約方法は「今すぐ予約・後払い」というもので、後日(宿泊日の3日前)カードに課金されるシステムでした。

予約を完了してみると…。

予約完了画面の合計金額の欄に、「EUR950.20相当額がJPY立てで12月26日に課金されます。為替レートは変動しますのでご了承下さい。」との記載が。

予約をした際はサイトのどこにもその様な記載はなく(私が見落としていたのかもしれませんが、少なくともわかりやすい場所には記載されていませんでした)、予約時の表示価格(109,090円)が確定されているものかと思っていましたが、実際に確定しているのは現地通貨建ての金額のみでした。

「今すぐ予約・後払い」の支払い金額は変動する!!

Agodaの「今すぐ予約・後払い」では予約時に表示される円建て価格はあくまでも参考で、実際に確定しているのは現地通貨での金額です。円建て価格は課金日の為替レートで決まりますのでご注意下さい。

ただ今回の場合、現地通貨での金額(EUR950.20)もそこまで悪い金額ではなかったので、予約は維持することにし、実際に宿泊の日を迎えてみると、しっかりと予約もできており問題なくホテルを楽しむことができました。

問題は、「後払い」としてAgodaからカードに課金されている金額でした。
宿泊後にクレジットカードの利用履歴を見てみると、Agoda独自の為替レートがとんでもないことになっていたのです!

10%も不利な為替レートで課金

宿泊後にクレジットカードの利用明細を見てみると、なんと128,068円が課金されていました。

確定している現地通貨での宿泊代金がEUR950.20なので、為替レートとしてEUR/JPY=約135円が用いられている計算です(JPY128,068÷EUR950.20≒135)。支払日である12月26日時点の実際の為替レートはEUR/JPY=約123円だったので、約10%も不利なレートが使われていたのです!!!

(EUR950.20をEUR/JPY= 123円で計算すると約117,000円となるので、1万円以上も損している計算です。)

このようなサイトでは多少不利なレートとなることは覚悟していましたが、さすがに10%はやりすぎと思いAgodaのコールセンターに電話すると、「当社独自の為替レートで換算しております」との回答が。納得いかず、実際の為替レートからあまりにもかけ離れていることを訴えたところ、予想外にもすんなりと「今回ご不満をお持ちとのことなので、予約時に表示されていた円価との差額を払い戻しさせて頂きます」との回答があり、差額を返金してもらうことができました
あまりにもあっさりとしていたので、Agodaは意図的に法外な為替レートを用いているのではないかという考えが強まってしまいました。

後日カードに課金される円建て価格は、現地通貨額をAgoda独自の為替レートで換算した金額です。信じられないほど不利なレートで換算されている可能性があるので、必ず確認しましょう!!

予約する際はシビアに宿泊料金をチェックするものですが、後日クレジットカードに請求される金額はチェックしないことが多いので、気付かぬ内に損をしている可能性があります。毎回このような事態が発生するのかはわかりませんが、皆様もお気をつけ下さい。私は、初利用にして詐欺に近いトラブルに見舞われ、二度とAgodaを利用しないことを決めました。

ちなみに、我が家ではまずトリバゴで複数の予約サイトの価格を比較しているのは先述の通りですが、結果的に「Booking.com」を利用するケースが多いです。その理由は以下の通りです。

  • ホテルの取り扱い数が多い(特にヨーロッパに強い!)
  • 格安の宿泊代金(最安値保証制度あり)
  • サイトが使いやすい
  • 基本的には現地決済
  • 予約手数料がかからない

さらに、同サイトで5回以上予約を行うとGenius会員となり、さらなる割引やアーリーチェックイン・レイトチェックアウトなどの特典を楽しめます。

Booking.comで何十回とホテルを予約していますが、今の所トラブルはゼロ。運が良ければアップグレードの対象にもなります。我が家は引き続きBookingを使っていきたいと思っています。世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

今回のまとめ

Agodaの「今すぐ予約・後払い」で海外ホテルを予約する際は、以下の点に注意して下さい。

  1. 予約時に表示される円建て価格はあくまでも参考で、実際に確定しているのは現地通貨での金額です。
  2. 後日カードに課金される円建て価格は、上記現地通貨をAgoda独自の為替レートで換算した金額です。信じられないほど不利なレートで換算されている可能性があるので、必ず確認しましょう!!



コメント

  1. ベトナムのホテルで、予約時975円と表示されて居たが、
    一週間後に実際にクレジットカードに課金されたのは、
    1117円だった。アゴダコインで135円割引して貰ったのだが、
    その分以上に為替で上乗せされた事になる。
    アゴダは頻繁に割引とかコイン送って来るけど、実際は為替で
    誤魔化した分だから、自分の懐は痛まないという事ですね。
    通常のクレジットカードの為替決済は請求する側が、現地通貨でクレジットカード会社に請求し、クレジットカード会社が公平なレートで支払側の引き落とし通貨に換算すると理解しとましたが、どうやらアゴダは彼等独自のレートで計算したモノを請求する様ですね。
    これはこれで仕方無い事かと思いますが、予約時に表示される値段は一般的なレートで計算し、請求時に自分達に都合の良いレートに変えるのは、はっきり言って詐欺行為スレスレですね。
    あまりにも遣り方が汚いです。
    クレジットカード会社が、この遣り方を認めて居るなら、クレジットカード会社にも問題は有ると思いますね。

  2. 私も皆さんと同様の経験をしました。「You will be charged the JPY equivalent of US$xxx.xx on your pay date of 〇年〇月〇日.Exchange rates may vary.」と請求額の下に英語で記されているのみ。その結果、換算日の為替レートは約110円にも拘わらず117円でAgodaより請求されています。実質6.4%のアップです。
    Agodaの説明によると、Agoda利用規約の「3.D通貨の換算」の項目欄に次のように記載していると言う。
    「今すぐ予約&後払い」の予約の場合
    「決済日の日歩調整レートを使用します。日歩調整レートとは支払い処理実行日のブルームバーク・ジェネリック・コーポレーション・レートに5%上乗せしたものです」とある。これが同社の言い分。
    一方、我々に対しては、 〇年〇月〇日付けの為替レートで円貨に換算して請求する(上記の英訳)とのみマイ予約欄に記載している。
    日本の為替レートとブルームバーグ為替レートとの相違は、時差等あり多少はやむを得ないと思うが・・・・。このようなクレームが利用者から寄せられている最大の要因はブルームバーグレートに5%上乗せをしている点だと思います。また、その旨を単に「規約」内に小さく利用者に分からないように記すのではなく、マイ予約欄等に堂々と記載して利用者に周知徹底をしていない点がAgodaの最大の落ち度だと思います。
    マイ予約欄だけでなく「今すぐ予約&後払い」の予約の場合は、最低5%料金が上乗せとなることを再三にわたり注意喚起するのが良い旅行予約サイトだと思います。

    Agodaさん、本件にかかわる対応は如何に!

  3. GWのホテルを「今すぐ予約・後払い」で予約していて、たまたま事前に知ることができました。
    というのも、予約した際に登録したクレジットカードが後日不正利用されて再発行となったため、カード番号が変更になり決済できなかったためです。
    別のカードでの支払い依頼のメールが来ましたが請求額が66,535円とあり、もともと497ユーロだったのでずいぶんレートが高いなと思い調べたところこちらにたどり着きました。
    カスタマーサービスに電話したところ、こちらの皆様と同じような回答をされました。曰く
    ・「アゴダレート」という独自のレートで計算している(金融機関のせいではなく上乗せしていると認めたようなもの?)
    ・内部では米ドル建てで管理しており、ユーロ→ドル、ドル→円と計算するため為替手数料が加算される
    ・為替レートの変動についてはサイトに記載の通り

    ビジネスなので多少の上乗せは理解するが電信レート+8%は現金両替よりも不利なレートであり、最安値を謳いながら手数料で稼ごうとするのは信義則に反すること、予約時に表示された参考価格と請求金額の計算方法が異なるのは優良誤認ともいえることを訴えて交渉した結果、予約時に表示した価格との差額を返金していただくことができました。
    最後に先方から「今後は今すぐ支払いを使ってほしい」旨を言われましたが、アゴダを利用するとしても「現地払い」を選ぶと思います。トータルで高くなるならアゴダコインなんて役に立ちませんので。。。

  4. 私はいつもアゴダを先払いで利用していますが、他より安いしトラブルも一度もありませんよ。
    皆さん後払いにしてレートが不利だと怒ってらっしゃいますが、要は先払いで日本円で確定させれば金額に変動もなないし問題ないのでは?
    私はいつも先払いですし、キャンセルすれば返金されてきますしたし、皆さんが金額が変わる可能性があるのに後払いになさる理由が分かりません。
    ただただ先払いにするだけで解決する問題だと思いました。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

タイトルとURLをコピーしました