【要注意】Agodaの「今すぐ予約・後払い」を利用する際の注意点!

スポンサーリンク
旅のお役立ち情報
スポンサーリンク

今回は、表示価格の安さにつられホテル予約サイトAgodaを利用した際に発生したトラブルについて書きたいと思います。毎回このようなことが発生するわけではないとは思いますが、Agoda利用の際はお気をつけ下さい。

*被害者は私だけではないようで、こちらの記事にたくさんの被害者の方からのお怒りコメントが寄せられています。よろしければコメント欄までお読みください。

スポンサーリンク

旅行代を節約!最安値のサイトを見つける

私は必ず予約前に複数のサイトを比較した上で、価格含め最も条件が良いサイトで予約するようにしています。宿泊先の公式サイトはもちろん、Booking.comやExpedia等のホテル予約サイトも複数比較します。

Agodaで年越し旅行のホテルを予約

さて、昨年末のヨーロッパ旅行のホテル予約をしたときのこと。いつも通り「トリバゴ」で価格を比較していたところ、Agodaというサイトが圧倒的な安値を提示していました。部屋のクラス等も見る限り他サイトと同条件。一度も利用したことの無いサイトだったので多少不安はありましたが、その不安を上回る程の値差によりAgodaでの予約を決意しました。

予約時の表示価格は109,090円。予約方法は「今すぐ予約・後払い」というもので、後日(宿泊日の3日前)カードに課金されるシステムでした。

予約を完了してみると…。

予約完了画面の合計金額の欄に、「EUR950.20相当額がJPY立てで12月26日に課金されます。為替レートは変動しますのでご了承下さい。」との記載が。

予約をした際はサイトのどこにもその様な記載はなく(私が見落としていたのかもしれませんが、少なくともわかりやすい場所には記載されていませんでした)、予約時の表示価格(109,090円)が確定されているものかと思っていましたが、実際に確定しているのは現地通貨建ての金額のみでした。

「今すぐ予約・後払い」の支払い金額は変動する!!

Agodaの「今すぐ予約・後払い」では予約時に表示される円建て価格はあくまでも参考で、実際に確定しているのは現地通貨での金額です。円建て価格は課金日の為替レートで決まりますのでご注意下さい。

ただ今回の場合、現地通貨での金額(EUR950.20)もそこまで悪い金額ではなかったので、予約は維持することにし、実際に宿泊の日を迎えてみると、しっかりと予約もできており問題なくホテルを楽しむことができました。

問題は、「後払い」としてAgodaからカードに課金されている金額でした。
宿泊後にクレジットカードの利用履歴を見てみると、Agoda独自の為替レートがとんでもないことになっていたのです!

10%も不利な為替レートで課金

宿泊後にクレジットカードの利用明細を見てみると、なんと128,068円が課金されていました。

確定している現地通貨での宿泊代金がEUR950.20なので、為替レートとしてEUR/JPY=約135円が用いられている計算です(JPY128,068÷EUR950.20≒135)。支払日である12月26日時点の実際の為替レートはEUR/JPY=約123円だったので、約10%も不利なレートが使われていたのです!!!

(EUR950.20をEUR/JPY= 123円で計算すると約117,000円となるので、1万円以上も損している計算です。)

このようなサイトでは多少不利なレートとなることは覚悟していましたが、さすがに10%はやりすぎと思いAgodaのコールセンターに電話すると、「当社独自の為替レートで換算しております」との回答が。納得いかず、実際の為替レートからあまりにもかけ離れていることを訴えたところ、予想外にもすんなりと「今回ご不満をお持ちとのことなので、予約時に表示されていた円価との差額を払い戻しさせて頂きます」との回答があり、差額を返金してもらうことができました
あまりにもあっさりとしていたので、Agodaは意図的に法外な為替レートを用いているのではないかという考えが強まってしまいました。

後日カードに課金される円建て価格は、現地通貨額をAgoda独自の為替レートで換算した金額です。信じられないほど不利なレートで換算されている可能性があるので、必ず確認しましょう!!

予約する際はシビアに宿泊料金をチェックするものですが、後日クレジットカードに請求される金額はチェックしないことが多いので、気付かぬ内に損をしている可能性があります。毎回このような事態が発生するのかはわかりませんが、皆様もお気をつけ下さい。私は、初利用にして詐欺に近いトラブルに見舞われ、二度とAgodaを利用しないことを決めました。

ちなみに、我が家ではまずトリバゴで複数の予約サイトの価格を比較しているのは先述の通りですが、結果的に「Booking.com」を利用するケースが多いです。その理由は以下の通りです。

  • ホテルの取り扱い数が多い(特にヨーロッパに強い!)
  • 格安の宿泊代金(最安値保証制度あり)
  • サイトが使いやすい
  • 基本的には現地決済
  • 予約手数料がかからない

さらに、同サイトで5回以上予約を行うとGenius会員となり、さらなる割引やアーリーチェックイン・レイトチェックアウトなどの特典を楽しめます。

Booking.comで何十回とホテルを予約していますが、今の所トラブルはゼロ。運が良ければアップグレードの対象にもなります。我が家は引き続きBookingを使っていきたいと思っています。世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

今回のまとめ

Agodaの「今すぐ予約・後払い」で海外ホテルを予約する際は、以下の点に注意して下さい。

  1. 予約時に表示される円建て価格はあくまでも参考で、実際に確定しているのは現地通貨での金額です。
  2. 後日カードに課金される円建て価格は、上記現地通貨をAgoda独自の為替レートで換算した金額です。信じられないほど不利なレートで換算されている可能性があるので、必ず確認しましょう!!

 

コメント

  1. 私もアゴタ被害者です。
    後払い決済にしたら「アゴタ独自のレート」で高額請求されました。
    返金された方もいるようなので電話で問い合わせましたが応じてもらえませんでした。
    長々と電話して損しました。
    コールセンタースタッフは機械のように同じ言葉を繰り返していて頭がおかしくなるかと思いました。
    本当に海外であるような詐欺に日本であうとは思いませんでした。
    こうやって儲けを出しているのだと納得するしかありません。
    嫌な気分で旅行に行きたいと思います・・・

  2. 私も今日同じ体験をしました。
    過去にも10回以上予約しましたが、キャンセル不可、可能問わず即時払いないと後日とんでもないレートで請求されます。
    以前はタイバーツや米ドルなどでも高いな~と思っていましたが、オーストリアのホテルの請求が2019/12/18時点で1ユーロ122円前後のレートが130円で請求されました。ほぼ同時期に申し込んだ現地のチケットのクレジットカード請求レートが1ユーロ125円前後だったので空港の現金交換レートより劣悪だったのは明らかです。
    カスタマーセンターに連絡しても利用規約に書かれていますとの1点張りで全く取り合ってもらえませんでした。
    agodaの格安料金を迂闊に信じない方が良いと思います。
    もし価格につられて利用するのであれば即時決済をお勧めします。

  3. 最近、同じ目に遭いました。

    私の場合はタイの安いゲストハウスでしたから金額的には全然たいしたことがなかったのですが、パーセンテージにして約6%、決済時に増額してました。
    少額なので申し立てることはしませんでしたがどうにも腑に落ちず、その後いろいろと調べているうち分かったことがことがあります。
    まず、予約時に提示されている日本円の金額、これは当日の為替公定レートに近いレートで計算されているようです。
    アゴダ独自のレートでもなければクレジット会社のレートでもありません。
    そして後日の決済時にはアゴダ独自レート(ブルームバーグレートの5%増し?)で計算。
    こういったふうに客に対して二重基準のレートを用いてるわけで、これは明らかに詐欺的行為と言えるかと思います。
    自社の独自レートがあるのならば、最初からそのレートで計算した金額を提示すればよいのです。

    ちなみに私は十年近く前からアゴダは何度も利用していますが、数年前まではこのようなことはありませんでした(同じことをコメントされてる方がいらっしゃいましたね)。
    たしか以前は、予約した後日に決済なんていうのは無かったと思うんですが。
    クレジット決済せず現地にて支払いというケースならありましたが、その場合も(予約時の現地通貨価格のままで)価格変動はありませんでした。

    • 僕も今日、似た様な被害にあいました!サイト上で予約変更可能の所から予約に入ったはずなのに、予約変更不可の予約になっていて、お客様センターに電話したら予約変更できません。既に支払い済ですと言われました。許せない気持ちです。

  4. 私も、アゴダ被害に合いました。7月に予約したときは108yen/USDのレートで予約したが、いざ出発直前の支払いを確認すると、なんと・・・115yen/USDになってしまいました!しかも今ドル安になっているのに、なんっていう詐欺に合ってしまったんだろうと・・・先ほどアゴダのカスタマーサービスに電話したら、コンパニポリシーでサービスチャージが5%追加されると一点張り。仕方なく、1万円の損を支払い、泣き入りします・・・

  5. 皆さん私と同じ思いをされているようですね。私はホテル利用1週間前程に日本円で料金確認メールがきました。それが利用2日前ににスーパーセント加算された料金が同じく確約と称してメールが。この会社の何が真実なのか? 今後絶対利用しません。

タイトルとURLをコピーしました